2019年5月21日 (火)

千駄木庵日乗五月二十日

午前は、諸事。

 

午後は、資料整理。

 

午後四時より、西荻窪にて、『伝統と革新』次号編集会議。

 

終了後、出席者と懇談。

 

帰宅後は、資料の整理、原稿執筆。

 

|

2019年5月19日 (日)

千駄木庵日乗五月十九日

午前は、諸事。

 

午後からは、在宅して室内整理、原稿執筆など。

|

2019年5月17日 (金)

千駄木庵日乗五月十六日

午前は、諸事。

午後は、室内整理。

午後六時より、上野にて、永年の同志と懇談。

帰宅後は、資料整理など。

|

2019年5月16日 (木)

千駄木庵日乗五月十五日

午前は、諸事。

午後二時半より、芝の駐健保会館にて、『大行社幹部会』開催。顧問の一人としてスピーチ。

帰宅後は、資料の整理・原稿執筆など。

|

2019年5月15日 (水)

千駄木庵日乗五月十四日

午前は、諸事。室内整理。

 

午後からは、在宅して『政治文化情報』原稿執筆・脱稿・送付。書状執筆など。

|

2019年5月13日 (月)

千駄木庵日乗五月十二日

午前は、諸事。

 

午後からは、在宅して、書状執筆、原稿執筆など。

 

 

|

2019年5月12日 (日)

千駄木庵日乗五月十一日

午前は諸事。

 

渡邉昇氏より、沼山光洋氏の自決の報を聞く。

 

午後、靖国神社に赴き、沼山氏自決の地に拝礼。ご冥福を祈り奉る。数人の先輩同志と挨拶。

 

沼山氏とは最近二回ほどお目にかかったが、いつもと変わらない笑顔であった。これほど思いつめていたとは思わなかった。今は何かを申し述べる事は控えたい。ただご冥福を祈るのみである。ただし、沼山氏にたいする軽薄なる批判は許されない。

 

自決現場で、影山正治先生の辞世
「身一つを みづ玉串と ささげまつり 御代を祈らむ みたまらとともに」
を思ひ出した。

 

午後六時より、神田学士会館にて、「憲法懇話会」開催。高乗智之松陰大学准教授が「皇位継承をめぐる憲法問題」と題して報告。村松伸治日本文化大学教授が「外国人の人権を考える」と題して報告。質疑応答、全員で討論。

 

帰宅後は、原稿執筆など。

 

|

2019年5月11日 (土)

千駄木庵日乗五月十日

午前は、諸事。

 

午後からは、在宅して、資料の整理、『政治文化情報』原稿執筆など。

|

2019年5月10日 (金)

千駄木庵日乗五月九日

午前は、諸事。

午後からは、在宅して、『政治文化情報』の原稿執筆、室内整理など。

|

2019年5月 8日 (水)

千駄木庵日乗五月八日

午前は、諸事。

午後は、『政治文化情報』原稿執筆。

午後六時半より、駒込地域文化創造館にて、『萬葉古代史研究会』開催。小生が「萬葉集」作者未詳歌を講義。質疑応答。終了後、出席者と懇談。

帰宅後は、原稿執筆。

|

より以前の記事一覧