2017年8月 9日 (水)

オピニオン雑誌『傳統と革新』 第二十七号

オピニオン雑誌『傳統と革新』 第二十七号

平成二十九年九月 たちばな出版発行(四宮正貴責任編集)

特集憲法第九条と日本の防衛―憲法守って国が滅んでもいいのかー

 目次

『巻頭言』

「憲法守って國滅ぶ」といふ言葉が現実になる危険                四宮正貴 

『インタビュー』

憲法改正が平和を脅かす――そんな主張自体が、そもそもおかしいのです      山東昭子 

改憲勢力はその大義をもって 改正の議論に臨むべきだ             長島昭久

現実的な改憲への第一歩は「九条の二」の新設だ                百地 章 

「佐藤優の視点」 憲法論議は、まず歴史に学べ ~魚住忠一の“日本基督教”の土着化について考える~                                 佐藤 優

「日本国憲法」を廃棄して、「日本」即ち「国民」を取り戻せ!          西村眞悟 

誰も知らない憲法9条                            潮 匡人

矛先はまっすぐ九条に向けよ                         湯浅 博 

軍事が欠落した戦後日本の異常さ                       佐藤 守 

改憲論を混迷化させる安倍提案―国家の属性としての自衛権―          吉原恒雄 

憲法改正と三島由紀夫                            岡村 青 

やはり“押し付け憲法”だ ――まだ戦後は終わっていない           豊島典雄 

『聞き書き』相手をいかに牽制し、優位に立つか――外交防衛には「戦略」が不可欠だ 上杉 隆 

「特別寄稿」 「憲法改正」と「天皇退位」に伴う法案、法制定のねらい     高村正彦 

[提言・直言]

憲法九条によって、我が国が滅ばなかった本当の理由              武田良太イデオロギーの対立を超えて、九条の目指す大目標を、今こそ考えるべきとき   松木謙公 

 日本は、志ある平和外交の展開を                   樋高 剛

 憲法九条を、現実に近づけるべきか、現実を九条に近づけるべきか    石川知裕 

 

九条三項の加憲より、着手すべきことが沢山ある! ~建軍の本義と対米自立はイコールだ!~                                     木村三浩

 

「連載」『やまと歌の心』                         千駄木庵主人

石垣島便り㉑ 沖縄の偏向メディアの中に、まともな、地元石垣島のメディアが乗り込んできた                                     中尾秀一

我が体験的維新運動史 第26回 大楠公に学ぶ「承詔必謹」「尊皇絶対」観    犬塚博英 

編集後記

定価 本体価格1000円+税。 168頁

168〒167―0053 東京都杉並区西荻南二-二〇-九 たちばな出版ビル

 たちばな出版  ☎代表03―5941―2341 FAX5941―2348

27

|

「安岡教学研究会」第一八八回定例会

「安岡教学研究会」第一八八回定例会

 

 

 

演題『萬葉集と日本のこころ』

 

 

 

講師四宮政治文化研究所 代表 四 宮 正 貴

 

 

 

日時 平成二九年九月一九日(火)午後七時~八時四〇分

 

 

 

会場 横浜市技能文化会館 八階八〇一研修室  電話045-681-6551

 

JR京浜東北 根岸線・関内駅 南口より徒歩五分 横浜市営地下鉄 ブルーライン 伊勢佐木長者町駅出口2より徒歩三分

 

 

 

会費 一般二四〇〇円 学生五〇〇円

 

 

 

 定例会終了後の講師を囲んでの懇親会(自由参加)にご参加をご希望の方は、会場予約の都合上、必ず事前にお申し出ください。会費は当日会場にてお支払いをお願いいたします。懇親会参加費は三千円です。会場は当文化会館地下の居酒屋 匠(たくみ)です。

 

会員同士、講師を囲んで楽しく語らいながら懇親をはかりましょう!ご参加を希望される方は事前にお申し込みください。

 

| | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

『政治文化情報』平成二十九年八月号のお知らせ

四宮政治文化研究所発行・『政治文化情報』平成二十九年八月号のお知らせ

 

『政治文化情報』は、昭和五十九年創刊以来、小生の論考、時局問題などに関する主張、活動状況の報告、各方面から得た様々な情報などを掲載し、それなりの評価を得て来たと自負致しております。
多くの心有る皆様方のご購読をお願い申し上げます。
見本誌御希望の方はご遠慮なくメールでお申し込み下さい。

メールアドレス m-shinomiya@max.hi-ho.ne.jp

購読料
年間 12000
半年 6000

平成二十九年八月号(平成二十九年七月二十五日発行)の内容

 

〈皇都の一隅より〉

『教育勅語』について

 

『教育勅語』渙発の経緯

『教育勅語』渙発の意義

 

日本傳統信仰の祭祀主であらせられる天皇が國民に宣明された尊き「みことのり」が『教育勅語』である

 

『教育勅語』と儒教

 

『教育勅語』に示された忠孝精神は、日本國民が永遠に遵守すべき徳目である

 

失効にすべきは、『現行占領憲法』であり『教育勅語』に関する衆参両院決議である

 

千駄木庵日乗

野嶋剛氏(ジャーナリスト、元朝日新聞台北支局長)中國は主権が及んでいない台湾に対して『鳴かぬなら殺してしまえホトトギス』というアプローチはできない。主権が及んでいるチベット、ウィグルに対しては殺してしまう」

安倍晋三内閣総理大臣「私は吉田松陰先生の『至誠にして動かざる者は未だこれあらざるなり』という言葉を胸に刻んでいる。奥野誠亮先生はそのお名前の通り、『誠』を貫かれた。誠意と情熱の人であられた」

 

奥野信亮衆議院議員「父は地方税制・地方財政の基礎を築いたと評価されている。『派に頼らず義を忘れず』の考え方で歩んできた。大東亜戦争の正しい評価、自虐精神の脱却を訴え続けてきた」

 

藤井厳喜氏「東シナ海と南シナ海の結節点にあるのが台湾。地政學上非常に重要。台湾にミサイル基地が出来たら何処へでも飛んでいく。中國が台湾を手に入れたらアジアが中國に靡くドミノ現象が起こる」

 

黄文雄拓殖大學日本文化研究所客員教授「日本は積極的に世界に関わるべし。トランプ登場は良いチャンス。日本第一主義・ヤマトイズムで出て行くべし」

 

高乗正臣平成國際大學名誉教授「一代限りの特例法は避けるべきだと思った。その場しのぎで法律を変えるとなると、皇位が不安定になる可能性がある。明確な基準と手続を確立すべし。本来私は譲位には否定的」

 

慶野義雄平成國際大學教授「皇后陛下は深い國體へのご理解があられるのではないか。皇后陛下は『生前退位という言葉を聞いて大変ショックを受けました』と言われている。最大限のマスコミ批判。『深い悲しみを覚えました』と仰せになっている」

 

この頃詠みし歌

| | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

萬葉古代史研究會 のお知らせ

萬葉古代史研究會

 

小生が講師となり『萬葉集』を勉強する會が開かれております。主要作品を鑑賞しつつ古代日本の歴史精神と美感覚を學んでおります。多くの方々の御出席をお待ちしております。 

 

日時 七月十二日(毎月第二水曜日) 午後六時半より

 

會場 豊島区立駒込地域文化創造館

豊島区駒込二の二の二 電話〇三(三九四〇)二四〇〇 「東京メトロ南北線 駒込駅」四番出口より徒歩一分 「JR山手線 駒込駅」(北口)より徒歩二分

 

會費 千円  テキストは、岩波文庫本『萬葉集』

| | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

「第七十五回 日本の心を学ぶ会」のお知らせ

第七十五回 日本の心を学ぶ会 

 テーマ 「國體明徴」「國體護持」とは如何なることなのか

我々運動者が國體を学ぶ事は大切です。國體に関しては先人による多くの研究が重ねられ、文献も数多くあります。そしてそれらの文献は専門用語も多く用いられ且つ、古文で書かれた難解なものも多く、全て正しく理解し体得するのは大変な努力が必要であります。

戦後教育においては、國體・国史について十分な教育が行われてきませんでした。学校教育では考古学を教えることはあっても日本神話を教育する機会も少ないようです。それゆえ日本國體を正しく理解している人はすくないと言われています。

戦前においても、日清・日露戦争、大正デモクラシー、昭和維新運動、満州事変、支那事変、大東亜戦争などと外患内憂の未曾有の国難の中で、國體についても色々な解釈や考え方が生まれました。

そして、敗戦後の日本は、「共産主義革命史観」「自虐史観」が横行し、「國體」という言葉すら忘れ去った人、無視する人が多くなりました。維新実現・戦後体制打倒とは、日本國體を明らかにする一大変革であります。

そこで、我々は、悠久の歴史を有する揺ぎ無い日本國體についてあらためて学びたいと思います。そして國體明徴・國體護持とは一体いかなることなのかを正しく把握をしたいと思います。

皆様のご参加をお待ちしています。

※ 今回の開場は、文京シビックセンター5階です。

【日 時】平成29730日 午後6時15分開場・開会

【会場】文京区シビックセンター5階 区民会議室AB

文京区春日一-一六-二一 東京メトロ後楽園駅・丸の内線(4a・5番出口)南北線(5番出口)徒歩一分、都営地下鉄春日駅三田線・大江戸線(文京シビックセンター連絡口)徒歩一分、JR総武線水道橋駅(東口)徒歩九分

【講 演】

 

第一部

講演 神州不滅たるの確信を ~國體観念の動揺を糺す~

講師 河原博史氏 同血社会長

 

 第二部

 講演 天皇の御本質と日本國體

 講師 四宮正貴氏 四宮政治文化研究所代表

 

【司會者】林大悟

【参加費】資料代五〇〇円終了後、近隣で懇親會(二千円くらいの予定です)

【連絡先】渡邊昇 090-8770-7395

この告知文は主催者が作成したものです。

 

| | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

萬葉古代史研究會のお知らせ

萬葉古代史研究會

 

小生が講師となり『萬葉集』を勉強する會が開かれております。主要作品を鑑賞しつつ古代日本の歴史精神と美感覚を學んでおります。多くの方々の御出席をお待ちしております。 

 

日時 七月十二日(毎月第二水曜日) 午後六時半より

 

會場 豊島区立駒込地域文化創造館

豊島区駒込二の二の二 電話〇三(三九四〇)二四〇〇 「東京メトロ南北線 駒込駅」四番出口より徒歩一分 「JR山手線 駒込駅」(北口)より徒歩二分

 

會費 千円  テキストは、岩波文庫本『萬葉集』

| | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

第七十四回日本の心を学ぶ会のお知らせ

 

第七十四回日本の心を学ぶ会

 

テーマ「天皇と和歌」

 

天皇陛下の御譲位についての特別法案が成立いたしました。

昨夏にお言葉を賜って以来続いていた御譲位の問題が一つの節目を迎えたといえます。

 

江戸時代後期の光格天皇以来、約二百年ぶりの御譲位となることもあり、天皇の御存在そして日本の國體に、国民の関心が高まったと言えます。

 

これまで、天皇及び國體に関しましては、政治権力との関係や伝統信仰の祭り主としての宗教的権威について論じられることが多かったように思えます。

 

しかし、天皇・皇室と和歌の関係も実に深いものがあります。というよりも、天皇の国家統治とやまと歌とは切り離しがたい関係にあります。

 

歴代天皇はやまと歌によって大御心お示しになりました。また、天皇はやまと歌によって國民の心をお知りなりました。つまり天皇の国家統治とやまと歌は一体であると言っても過言ではありません。それは毎年新年に行われる「歌会始」の儀を拝しても明らかであります。つまりやまと歌は、天皇の国家統治の根本にあったといえます。

 

明治天皇が「よもの海みなはらからと思ふ世になど波風のたちさわぐらむ」と詠まれ平和の願いをお示しになり

 

昭和天皇は御前会議にてこの御製を示されることで平和へ御意思を明らかにしたことは良く知られております。

 

今上陛下が被災地やかつての激戦地を訪れその思いを和歌に詠まれたのもこのような伝統によるものです。

 

御譲位についての特別法には付帯決議として女性宮家の創設を検討することがもりこまれており、今後は新しい時代の天皇と皇室について議論がされていくと思われます。

 

今回の勉強会では、やまと歌と天皇の国家統治の伝統について考えてみようと思います。

   

【日時】平成二十九年六月二十五日() 午後六時から

 

【場 所】文京区民センター 3-D会議室

東京都文京区本郷4-15-14営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分、東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5分、東京メトロ南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分、JR水道橋駅東口徒歩15分都バス(都02・都02乙・上69・上60)春日駅徒歩2

 

【講 演】「天皇と国家統治とやまと歌

講師 四宮正貴氏 四宮政治文化研究所代表

 

【司会者】林大悟

 

【参加費】資料代500円終了後、近隣で懇親会(2千円くらいの予定です)

 

【連絡先】渡邊昇 090-8770-7395

 

この告知文は主催者が作成しました。

| | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

第七十四回日本の心を学ぶ会のお知らせ

 

第七十四回日本の心を学ぶ会

 

テーマ「天皇と和歌」

 

天皇陛下の御譲位についての特別法案が成立いたしました。

昨夏にお言葉を賜って以来続いていた御譲位の問題が一つの節目を迎えたといえます。

 

江戸時代後期の光格天皇以来、約二百年ぶりの御譲位となることもあり、天皇の御存在そして日本の國體に、国民の関心が高まったと言えます。

 

これまで、天皇及び國體に関しましては、政治権力との関係や伝統信仰の祭り主としての宗教的権威について論じられることが多かったように思えます。

 

しかし、天皇・皇室と和歌の関係も実に深いものがあります。というよりも、天皇の国家統治とやまと歌とは切り離しがたい関係にあります。

 

歴代天皇はやまと歌によって大御心お示しになりました。また、天皇はやまと歌によって國民の心をお知りなりました。つまり天皇の国家統治とやまと歌は一体であると言っても過言ではありません。それは毎年新年に行われる「歌会始」の儀を拝しても明らかであります。つまりやまと歌は、天皇の国家統治の根本にあったといえます。

 

明治天皇が「よもの海みなはらからと思ふ世になど波風のたちさわぐらむ」と詠まれ平和の願いをお示しになり

 

昭和天皇は御前会議にてこの御製を示されることで平和へ御意思を明らかにしたことは良く知られております。

 

今上陛下が被災地やかつての激戦地を訪れその思いを和歌に詠まれたのもこのような伝統によるものです。

 

御譲位についての特別法には付帯決議として女性宮家の創設を検討することがもりこまれており、今後は新しい時代の天皇と皇室について議論がされていくと思われます。

 

今回の勉強会では、やまと歌と天皇の国家統治の伝統について考えてみようと思います。

   

【日時】平成二十九年六月二十五日 午後六時から

 

【場 所】文京区民センター 3-D会議室

東京都文京区本郷4-15-14営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分、東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5分、東京メトロ南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分、JR水道橋駅東口徒歩15分都バス(都02・都02乙・上69・上60)春日駅徒歩2

 

【講 演】「天皇と国家統治とやまと歌

講師 四宮正貴氏 四宮政治文化研究所代表

 

【司会者】林大悟

 

【参加費】資料代500円終了後、近隣で懇親会(2千円くらいの予定です)

 

【連絡先】渡邊昇 090-8770-7395

 

            〇

 

この告知文は主催者が作成しました。

| | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

萬葉古代史研究會のお知らせ

萬葉古代史研究會

 

小生が講師となり『萬葉集』を勉強する會が開かれております。主要作品を鑑賞しつつ古代日本の歴史精神と美感覚を學んでおります。多くの方々の御出席をお待ちしております。 

 

日時 六月十四日(毎月第二水曜日) 午後六時半より

 

會場 豊島区立駒込地域文化創造館

豊島区駒込二の二の二 電話〇三(三九四〇)二四〇〇 「東京メトロ南北線 駒込駅」四番出口より徒歩一分 「JR山手線 駒込駅」(北口)より徒歩二分

 

會費 千円  テキストは、岩波文庫本『萬葉集』

| | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

『政治文化情報』平成二十九年六月号のお知らせ

四宮政治文化研究所発行・『政治文化情報』平成二十九年六月号のお知らせ

 

『政治文化情報』は、昭和五十九年創刊以来、小生の論考、時局問題などに関する主張、活動状況の報告、各方面から得た様々な情報などを掲載し、それなりの評価を得て来たと自負致しております。
多くの心有る皆様方のご購読をお願い申し上げます。
見本誌御希望の方はご遠慮なくメールでお申し込み下さい。

メールアドレス m-shinomiya@max.hi-ho.ne.jp

購読料
年間 12000
半年 6000

平成二十九年六月号(平成二十九年五月二十日発行)の内容

 

〈皇都の一隅より〉

大アジア主義について

 

明治維新と大アジア主義

 

「大西郷の精神」と「欧化主義」

 

「大攘夷」の精神と明治以後の開國・近代化

 

「夷を以て夷を制す」

 

日露戦争の意義

 

対米英戦争は「尊皇攘夷」「アジア解放」の戦ひであった

 

今日における「大アジア主義」とは

 

千駄木庵日乗

村井友秀東京國際大學教授「國内の不満を外に転嫁するために日中関係は緊張している方がいい。外敵の脅威が重大だとして國内を統一する。それが共産党統治のメカニズム」

 

高村正彦氏(衆議院議員・基調講演)「積極的平和主義は多くの國から支持されている。わが國の國益の確保を目指した積極的努力、アジア・アフリカへの日本の質の高い支援は、高い評価を得ている」

 

ジョセフ・ナイ 氏(ハーバード大學教授)「アメリカは破綻しない。アジアの将来は日米同盟がある限り楽観できる」

 

 

ヴァリ・ナッサー 氏(ジョンズ・ホプキンス大學教授)「ヨーロッパのファシズムの台頭は難民問題が影響している。國際秩序の維持のために難民の二次被害を防がねばならない」

 

岡本行夫氏(外交評論家)「ロシア・中國という新しい帝國主義の勢力が伸びて来て、新しい帝國主義の時代になっている。アメリカが動かないと中國とロシアが攻め込んでくる」

 

 

この頃詠みし歌

 

 

 

 

 

 

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧