2020年9月10日 (木)

村上正邦氏の御冥福を心より祈らせていただきます。

村上正邦氏が逝去された。心よりご冥福を祈らせていただきます。

村上正邦氏に初めてお会いしたのは、小生が高校生の頃であったと記憶する。半世紀以上昔である。その頃、村上氏は、故玉置和郎氏の秘書をしておられた。精悍で元気の良い方であった。小生が所属していた生長の家が、玉置和郎氏を支持して参院選を戦った。その頃玉置氏は三木武夫氏の派閥に属し、早川崇という参院議員の系列に属していたと思う。

玉置氏と村上氏は拓殖大学の同窓で、村上氏は玉置氏の秘書ではあったが兄貴分と弟分の関係であったように思う。そして二回目の選挙で玉置和男氏は全国区第三位で当選し、大活躍された。

その後、村上正邦氏も自民党候補として参院全国区に立ち、当選した。そして長い間参院議員として獅子奮迅の活躍をされ、谷口雅春師はもとより生長の家の幹部からも信頼された。

日本の伝統を守り、皇室を尊重するという「真正保守」の立場に立ち「国旗国歌法制定」「優生保護法改正」「皇室関連の奉祝行事」などで長年にわたって多大の貢献をされた。

そして囹圄の身になるという苦難に遭遇されたが、若輩の私がこんなことを言うのは失礼の極みであるが、そのことによって益々人物が大きくなられたように思う。村上氏の国を思う心、皇室尊崇の念はますます篤いものがあった。

人生後半で苦難に遭われたが、八十八歳まで元気に活躍された。そして日本の行く末を憂えられ、今日の自民党に対して苦言を呈されていた。

村上氏の事務所で月に一回くらい、勉強が行われていたことを懐かしく思い出す。その勉強会の講師には、与野党を問わず、また政治家ではない人も含め実に色々な方が来られて講演をされ、村上氏の人脈の幅広さを実感した。

心よりご冥福を祈ります。

|

2020年9月 6日 (日)

今日思い出したこと

第一次安倍政権退陣の時の石破氏による病身だった安倍総理(当時)に対する代議士会における罵倒はひどかった。今でもはっきり覚えていますが、あれでは恨まれます。石破氏はああいう性格なのでしょう。また石破氏が何かというと「田中先生の門下だ」と言うのも好きにはなれません。

|

2020年8月29日 (土)

安倍総理の辞任について

安倍総理の辞任は本当にお気の毒である。テレビでの報道を見ていてつい涙ぐんでしまった。

 

同じ病気で二度も辞任しなければならなかったというのは、ご本人にとって痛恨の極みであろう。

 

祖父の岸信介氏も、母上も丈夫なのにこういう事態になったのは、どういうわけか。

 

総理大臣というのは激務だ。それにたえ得る肉体的精神的強靭さがなければならない。安倍晋三氏にはそれが無かったということか。

 

安倍氏は、今の自民党の政治家の中ではまともな姿勢に立っている人と思うだけに、残念至極である。靖国神社参拝、紀元節祭典の政府行事としての執行など、肝心要のことで我々の期待に応えてはくれなかったことが多かったか、それでも他の政治家が総理になってゐるよりはましであった。

 

そこで次期総理であるが、やはり菅官房長官、岸田政調会長のどちらかということであろうか。日本共産党そして小沢一郎という国賊の影響力の増大は何としての阻止しなければならない。

 

安倍総理の会見を見ていて、第一次安保騒動の時、当時の岸信介総理が「内閣総理大臣を辞する決意をいたしました」と記者会見で語っていたのをありありと思い出した。

 

一国の総理と小生を同列に論じるのは実におこがましいことであるが、私も今病気を抱えているだけに安倍氏のことが身につまされる。心より全快を祈ります。

 

|

2020年8月27日 (木)

新型コロナ猖獗騒ぎに思う

本日夕刻、久しぶりに床屋に行ったのですが、終るまでずっとマスクをしてゐなければならないと言われました。慢性心不全なので息が切れやすく、マスクをして外を歩くもたいへん苦しい思いがします。しかるにずっと椅子に座らされてマスクをしてゐなけければならないのは、心不全に悪いと思いました。実際に椅子に座っているだけで息が苦しくなったのです。床屋にその旨を告げて出てきてしまいました。感染防止は結構ですが、もう少し多くの人々の個々の事情を考慮してほしいと思います。別の床屋のマスクは大変緩やかで口や鼻を締めつけないマスクなのでそこで髪を刈ってもらいました。

床屋はともかく、この五年以上カラオケスナックに行ってゐません。まして風俗店には三十年以上も行ってゐません。だから営業時間がどう変わろうと私には関係がありません。ただ地元の行きつけの居酒屋には行きます。もう何十年も通ってゐる店です。

繁華街にもあまり行かなくなりました。そういう人が増えてお店の方々は困っているでしょう。お気の毒です。しかし、キャバクラとか風俗と言われる店が多すぎるのではないでしょうか。この新型コロナ猖獗騒ぎで日本の世の中が大きく変化するという予感がします。今までのように、若者たちが渋谷や六本木・新宿などで遊び呆けている姿が減るのはいいことだと思います。

ただ真面目に料理を作り、一生懸命其の料理をお客さんに提供しているお店は實に気の毒です。午後十時過ぎまでお酒を呑むことができなくなっても、美味しい料理をゆっくり楽しむことは出来ます。私も近年は午後十時過ぎまで酒を呑むことは無くなりました。

以上は、再来年七十四歳になり、後期高齢者になる男の率直な思いです。昨日一緒に語り合った同い年の幼馴染みに、「末期高齢者というのはあるのだろうか」と聞いてみました。

|

2020年7月27日 (月)

総理の靖国神社参拝は、まさに「日本を取りもどす」第一歩である。

「日本を取りもどす」をキャッチフレーズにして登場した安倍長期政権は、本当に日本を取りもどしたであらうか。安倍総理が日本を取りもどすために懸命の努力はしてゐることは事実であらう。しかし、まことに遅遅とした歩みであるとしか思へない。

七年間も政権を担ってゐる安倍晋三総理は、靖国神社に一回参拝しただけである。本年も安倍総理は六月二一日、靖国神社で春季例大祭が始まったのに合はせ、「内閣総理大臣 安倍晋三」との名前で供物の「真榊(まさかき)」を奉納したのみである。

安倍総理は、平成二十四年一二月の政権復帰以来、春と秋の例大祭には毎回真榊を奉納してゐる。参拝は平成二十五十二月に一度だけ行ってゐる。共産支那や韓国そしてアメリカの干渉そして国内の亡国野党・偏向メディアの攻撃を恐れたがためであらう。情けないことである。

日本民族の宗教精神の基本は敬神崇祖(神を敬ひ先祖を崇める心)である。そしてそれはわが國の道義精神の基本でもある。毎朝、神棚と先祖の位牌のある仏壇を拝む家庭は、家庭崩壊もないし、子供が非行に走るといふことも少ないと思ふ。國家も同じである。國家のため民族のために命を捧げた人々に感謝の真心を捧げる國は、正しき歩みを続ける。

しかし、現代の日本は、靖國神社といふ國のために命を捧げた人々を祭る宮に、内閣総理大臣が参拝することをとがめだてするような輩が跳梁跋扈してゐる。

総理の靖國神社参拝に干渉して来る共産支那は、アジア最大の軍國主義國家であり一党独裁の専制國家である。またわが國内において総理の靖國神社参拝に反対してゐる勢力即ち反日宗教や左翼勢力こそ、排他独善の教義や思想を持ち、宗教団体を攻撃し弾圧する危険な体質を持ってゐる。

「東京裁判」の判決即ち勝った側が敗者を一方的に裁いた結論を、我々の価値観として受け入れる理由はない。靖國神社問題の根本にあるのは、「東京國際軍事裁判」といふ名の復讐においてわが國が『戦犯國』といふ烙印を押されたことにある。そして大東亜戦争時に政府・軍の枢要な地位にゐた人々が『A級戦犯』として殺されたことにある。

内外の反靖國神社勢力は、「靖國神社にA級戦犯が祀られてゐるから、総理大臣が参拝するのはけしからん」と言ってゐる。「東京裁判」は戦勝國によるわが國への報復である。「東京裁判」には、まともな裁判権はなく、何ら國際法的根拠を持たない。当事國が裁判官になったのがそもそもおかしい。わが國が「サンフランシスコ講和条約で、東京裁判を受諾した」といふのは、刑執行について問題にしないといふことであって,東京裁判そのものを認めたわけではない。

いはゆる「A級戦犯」とは、講和条約が締結されてゐない時期即ち戦時における勝者による敗者への復讐である「東京國際軍事裁判」において「死刑」の宣告を受け、殺された人々である。これらの方々は、まさに戦争において戦死された方々なのである。靖國神社に英霊として祀られて当然である。故に、いはゆる「A級戦犯」と言はれる方々は、正しくは「昭和殉難者」「戦死者」なのである。

東京裁判の唯一の権威であったマッカーサーは帰國後、米上院の軍事外交委員會での演説で、『日本が戦争に入ったのは主としてセキュリティーのためであった』と言った。マッカーサーは東京裁判が日本に押した侵略國家の烙印を否定したのである。

繰り返し言ふ。七人の昭和殉難者を靖國神社にお祀りするのは当然であるし、祀るかどうかは日本が決める事である。外國があれこれ文句を言ふのは、まさに内政干渉であり、主権侵害である。靖國神社について、外國からとやかく言はれる筋合いはない。 

総理の靖国神社参拝は、まさに「日本を取りもどす」第一歩なのである。反日・反靖國思想は、今や左翼勢力や偏向マスコミだけでなく、与党内部にまで深く浸蝕してゐる。その代表格が石破茂氏である。かかる勢力を駆逐しない限り、日本國は真っ当な國家とはならない。

わが國がまともな外交即ち主権を正しく守りきる対外政策が出来ない根本原因は,『過去の歴史問題』にある。総理はじめ与野党の政治家そしてマスコミが「大東亜戦争は日本の侵略であり近隣諸國に惨禍を及ぼした」と謝罪してゐるのだから、支那や韓國からいかなる無理難題を吹きかけられても、主権を侵害されても、内政干渉されても、わが國は毅然とした対処が出来ないのだ。

「わが國は侵略をした悪い國であり,支那や南北朝鮮からどんなに主権を侵害されても,内政干渉をされても,文句を言ったり反撃してはならない」といふ観念が蔓延してゐる。これはまさに「現行占領憲法」の基本精神なのである。

「現行憲法前文」には「日本國民は…政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないやうに決意し…平和を愛する諸國民の公正と信義に信頼して,われらの安全と生存を保持しようと決意した」とある。これは「日本は東條内閣の行為によって侵略戦争を起こしましたが,二度とそのような事はしないことをお誓ひします。今後はアメリカ様,ソ連様,中國様など戦勝國の皆様の公正と信義に信頼して、侵略を行なった悪い國であるわが國とわが國民の生存と安全を保持してまいります。今後は何をされても決してお手向かひを致しません」といふ『詫び証文』である。

この『わび証文』の精神を実践してゐるのが今日の日本の外交である。「憲法守って國滅ぶ」という言葉はまことに真実である。「現行憲法」の無効確認なくして真の主権回復はあり得ない。

|

2020年7月23日 (木)

ともかく共産支那はわが国にとって敵対国家である

ともかく共支那はわが国にとって敵対国家である。そしてアジアにおいて最大の侵略国家、軍事大国である。徹底的に対峙し封じ込めねばならない。当たり前のことであるがそのことを改めて強調したい。

|

2020年6月 9日 (火)

宇都宮・日共・立憲民主・朝日を断固として叩き潰すべし。

国会議事堂前に慰安婦少女像と徴用工像を設置すべきと言っている宇都宮を共産党と一緒になって都知事選で応援するという立憲民主は完全に反日政党・反國體政党になった。宇都宮・日共・立憲民主・朝日を断固として叩き潰すべし。

|

2020年5月22日 (金)

最近思ったこと

街が次第ににぎやかになって来ました。人通りも走行する自動車の増えました。街が空いていて空気がきれいで騒音も少なくていいなあという思いもありますが、やはり街は賑やかな方が活気があって良いと思います。第一、経済活動が停滞したままでは、国は成り立たず、国民は疲弊します。

具体的な国名は書きませんが、近隣諸国の人々が日本に来なくなったことは、嬉しく思います。これは小生の率直か感情です。「侵略された」「植民地支配された」「徴用された」「姓奴隷にされた」などと憎悪し、嫌い、敵視し、攻撃する相手の国に何でたくさんの人がやって来るのでしょうか。私にはその心理を理解できません。

二つの近隣国家の数多くの人々がわが国内を集団で歩き回る姿を見てゐると、「祖霊ましますこの山河 敵に踏ませてなるものか」という「武田節」の一節を思い出します。何しろ二つの近隣国家は、わが国領土を軍事的に占拠し侵略せんとしているのです。

小池百合子東京都知事、吉村洋文大阪府知事は新型コロナウイルス対策でよく努力していると思います。また安倍晋三総理そして安倍内閣もさんざん非難攻撃されながらも、よくやっているのではないでしょうか。だから、他国と比較して日本は感染した人、亡くなった方が比較的少ないのではないでしょうか。

小池百合子さんは、日本初めての女性宰相に一歩近づいた感があります。ところが小池さんには敵が多いのも事実です。自民党東京都連・都議会議員団は小池さんを相当嫌っているようです。小池さんの外交・安保政策は、良いことを言ってゐると私は思っていますが…。

|

私は昔から賭け事は大嫌いでした。しかし私が清潔な人間とは全く思ってゐません。ただ嫌いなだけです。

ギスギスした世の中を肯定するか、順法精神、法の下の平等の精神で如何なる軽微な犯罪でもこれを厳しく摘発し断罪するか。どちらが、今日の日本そして将来の日本にとって良いことなのかよくよく考えねばなません。

以前、新潟県警に視察に行った関東管区警察局長が県警本部長たちと賭けマージャンをして処分された事件を思い出しました。官官接待ということでもありこれはまずかったと思います。

また以前、退職後我々の運動に熱心に参加してゐた警察官OBの人が「私がある警察署の保安課長をしていた時、その警察の一室で記者たちが警察官と賭け麻雀をしていたので、怒鳴りつけて止めさせた。次の日署長に呼ばれてかえって怒られたことがあった」と話してゐたことを思い出しました。

賭けマージャは誰でも何処でもやっていることです。これを厳格に取り締まるというのは文字通りギスギスした世の中にするということになるのでしょうか。検察トップになる予定の人が賭け事をするのはやはりまずいのでしょう。

私は昔から賭け事は大嫌いでした。しかし私が清潔な人間とは全く思ってゐません。ただ嫌いなだけです。

|

2020年5月20日 (水)

賭けマージャンやパチンコをした新聞記者・公務員は懲役三十五年という法律ができるのだろうか。

韓国検察は、「国政介入事件」と「国家情報院の特殊活動費上納事件」破棄差し戻し審とやらで、朴槿恵元大統領に懲役35年を求刑した。韓国という国はまったく常識では考えられない國であることがまたまた明らかになった。

今の文在寅とかいう大統領も辞職した後、今の野党が政権を握ったら監獄行きになる事は火を見るよりも明らかだ。

黒川弘務東京高検検事長が緊急事態宣言下で、新聞記者と賭けマージャンをした疑いがあると週刊文春が報道したが、日本が韓国のような国だったら、この検事長そして一緒にマージャンをした朝日の産経の記者も懲役二十年くらいに処せられるのではないか。

賭けマージャンが違法であり反道義行為ならもパチンコもそうであろう。賭けマージャンやパチンコをした新聞記者・公務員は懲役三十五年という法律ができるのだろうか。

ともかく世の中はだんだんまともではない方向に動いているように感じられる。そうしたなかで最も危険なのは共産支那の動向である。わが国は何があっても、共産支那に対する警戒を強めねばならない。

|

より以前の記事一覧