2017年4月29日 (土)

『大アジア主義』について

大アジア主義とは、「白色人種のアジア侵略植民地支配にアジアが一つになって対抗する」精神と行動であると考へる。この「大アジア主義」を端的に表現した文章は、(『大西郷遺訓』に示された西郷隆盛の次の言葉であらう。

 

「文明とは、道の普く行はるゝを言へるものにして、宮室の荘厳、衣服の美麗、外觀の浮華を言ふに非ず。世人の西洋を評する所を聞くに、何をか文明と云ひ、何をか野蠻と云ふや。少しも了解するを得ず。眞に文明ならば、未開の國に對しては、慈愛を本とし、懇々説諭して開明に導くべきに、然らずして殘忍酷薄を事とし、己を利するは野蠻なりと云ふべし」。

 

大アジア主義の原点は、「南洲精神」である。科学技術文明が発達した西洋列強は、その力によって、アジア・アフリカを侵略支配し、圧政と搾取を行った。これはまさに文明にあらずして「殘忍酷薄を事とする」行為であり、「己を利する」政策であったと言へる。

 

イギリスは、数世紀にわたって侵略と征服とによって全世界に広大なる領土を獲得し支配し搾取してきた。アメリカは、米西戦争(べいせいせんそう)を契機として太平洋及びアジアに侵略の牙を向けるようになった。米英の世界制覇の野望は、人類の災厄、世界の禍根であった。

 

かうした西欧列強の非文明的所業を破砕し、アジアを王部列強による植民地支配の桎梏下から解放しようといふ思想が「大アジア主義」である。

 

「尊皇攘夷」の旗印で戦はれ、断交された明治維新は我が国をして西欧列強による侵略・支配下に置かれることを防ぐ大いなる戦ひであった。そしてそれは成功した。

 

明治維新の原動力は、支那に対する英国侵略を見た当時の日本の青年たちの驚き即ち「明日はわが身である」といふ認識があったと思ふ。アジア侵略植民地化に対抗して祖国を守ろうとする危機意識が明治維新の原動力の一つであった。「尊皇攘夷」の精神は、天皇を君主と仰ぐ國體を明らかにして外敵を打破するといふ思想である。

 

葦津珍彦氏は、「明治維新を推進した攘夷の精神といっても、その根底の意味は、アジアに進出してきた欧米の非道残忍な、侵略の圧力に対抗して、祖国の独立を守り、アジアを防衛しようという精神である。近ごろの人には、日本の攘夷思想を、未開野蛮な頑迷なものだったように思って軽蔑する人が多いが、それは誤っている。…白人の科学と技術とは、東洋人を征服し、東洋を掠奪するために使用されたのである。十九世紀の列強の白人たちの行為は、戦慄すべきものであった」(『大アジア主義と頭山満』)と論じてゐる。

 

明治維新の精神には、西欧列強の侵略を撥ね退ける姿勢の根本に「尊皇思想」があった。わが國肇国以来の國體精神を変革の原理とした。支那は、皇帝によって変革が否定されたが、わが国は天皇が変革の中核となった。ここに、日本と支那との大きな違ひがあった。

 

明治維新後の近代化は、多くの矛盾や失敗があった。しかし、西欧列強の支配下に入ることなく、自主の國としての近代国家を形成した。それは、わが國の自主性を保ちつつ、欧米文化を取り入れ、近代化を為し遂げることができた事による。

 

西郷隆盛はさらに、「廣く各國の制度を採り、開明に進まんと欲せば、先づ我國の本體を立て、風教を張り、而して後、徐(しづ)かに彼の長所を斟酌すべし、然らずして猥りに彼に倣はゞ、國體は衰頽し、風教は萎靡して、匡救すべからざるに至るべし」(『大西郷遺訓』) と論じてゐる。

 

この西郷隆盛の思想は、今日問題となってゐるグローバリズムとナショナリズムの対立を止揚する重要な考へ方である。まづ以て、日本の伝統的な國體精神を強固に確立し開顕した上で近代化を達成すべしといふ思想である。

 

『大西郷の精神』とは、国家の自主独立の精神であり、皇室を敬い国民に真の平安をもたらす政治の実現である。西洋列強の侵略から祖国を守り四民平等の国を建設するための大変革であった明治維新を戦い、さらに維新後にあってもなお、東洋の平和と理想の道義国家建設のために戦った「大西郷の精神」こそ、今の日本にもっとも必要なものである。何故なら今の日本は、幕末及び明治初期の我國以上に、外国から侮りを受け、政治は乱れに乱れているからである。

| | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

台湾について小生が書いた手紙

以前、同志にお出しした書状を掲載いたします。

 

               〇

 

何時もお心にかけて頂き恐縮です。

 

貴兄が最初に訪台された次の年の昭和四十八年に、小生も初めて訪台しました。戒厳令下でした。街角に白手ヘルメットをかぶった憲兵が交通整理をしていました。終戦直後の日本でМPが交通整理をしていた写真を想起しました。

 

しかし、同じ時期の韓国のような暗さはなかったように思います。午前十二時以降外出禁止ということもなく、全体的にはというか表面的には明るい雰囲気でした。島国であること、南国であることが関係しているのでしょう。そもそも台湾人は本来的な明るい民族で、柔軟にして強靭であります。日本人と共通するところがあります。しかしピリッとした雰囲気はありました。

 

民主化以降の台湾にも行きましたが、そうした雰囲気が無くなっていることがむしろ心配になりました。昔の「新公園」は今、「二・二八記念公園」になっていますが、何とホームレスがいるのには驚きました。忠烈祠の「衛兵の交替」で衛兵をからかっている若者がいて、それを誰も止めようとしないことにも驚きました。国民党独裁体制下では即刻逮捕でしょう。何か民主化後の台湾は日本と同じように緊張感というかピリッとしたところが無くなったようです。これで良いのかどうか。しかし、独裁体制よりも自由民主体制が良いことは確かです。

 

小谷秀二郎、藤島泰輔両氏は懐かしいお名前ですね。小谷氏とは台湾でもお目にかかりました。

 

二松学舎の大先輩が当時の台湾省議会の事務総長(正式名称は忘れました。秘書長でしょう)をしておられました。お目にかかった時、私が「戒厳令は一週間か二週間で終わるのが普通ですが、何十年も敷かれっぱなしというのは台湾だけですね」と言ったら苦笑いをしておられました。

 

酒家にも行きました。日本で言えば料亭ですね。訪台する前、「台湾に行ったら支那という言葉を使ってはいけない」と言われたのですが、酒家には日本の懐メロの歌集があり、「支那の夜」も載っていました。私が「支那の夜」を歌うと拍手喝さいを受けました。もっとも一緒に呑んだ人々は、いわゆる外省人ではなく台湾人でしたが。「俵星玄蕃」も大いに喜ばれました。

 

もっと驚いたのは、台湾人の人々が、戦後国民党と共に台湾に来た支那人たちを「奴ら」「チャンコロ」と言った事です。見ると聞くとは大違いを実感し、ある種のカルチャーショックでした。

 

また当時台湾は「自由中国」という宣伝をしていました。そういう名前の政府の宣伝雑誌もあったと思います。ところが、「自由」どころではない。全くの国民党独裁体制、蒋介石独裁体制の国でした。「共匪が大陸を占拠中である」という理由で立法院委員、国民大会代表の選挙が行われなかったのですから…。

 

大衆酒場で呑んでいると、隣の席の中年男性が話しかけて来て、「あなた方は日本人ですか。私は元日本陸軍上等兵ですよ。戦争が終わって日本語はお国に返しましたが、『大和魂』は今でも持っていますよ。台湾に女を買いに来る今の日本人より私の方が『大和魂』がありますよ」と言われた時は本当に感激しました。

 

その二、三年後、亜東青年協会という小生の友人が関わっていた団体の訪台団に参加した時は、李煥という人に会いました。蒋経国が統括する中国青年反共救国団主任でした。この人は、後に国民党秘書長になったと思います。今『中国青年反共救国団』など言うものは無くなっているのでしょうね。国民党は第三次国共合作をしようとしたのですから…。そう言えば『中国大陸災胞救済総会』という大仰な名稱の組織もありました。方治という理事長にも会いました。蒋介石の指示で琉球独立運動を支援していた人という事です。『中国大陸災胞救済総会』という団体も今は無いでしょう。

 

台湾における国民党支配体制を維持するために「第三次国共合作」を企んだ馬英九・連戦という国民党指導者は蒋介石の遺言『光復大陸国土、実践三民主義、堅守民主陣容、復興民族文化』を蹂躙したと思います。

 

しかし貴兄が言われるように、アジアにおいてそして世界において、「反中国感情」はますます高まって行くと思います。日本がそれを主体的に戦略的に主導して行くことが大事であると思います。「中華帝国主義」を粉砕せねばなりません。

 

この度はまことに有難うございました。益々のご健筆を祈り上げます。

 

四宮正貴 合掌

| | トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

今日思ったこと

アメリカは北朝鮮のICBMがアメリカ本土に届く恐れが生じると、「消極的忍耐」とやらを捨てて、積極的に北朝鮮に軍事的圧力をかけるようになった。そして日本・韓国という同盟国と一緒に行動すると言い出した。身勝手と言えば身勝手だ。

 

北朝鮮も、「北の反撃でいちばん被害を受けるのは日本だ」と脅した。さらに、「日朝国交正常化が早く実現して、日本人の遺骨が早く日本に戻れば家族にとっても良いし、我々にとっても良い」と言い出した。これは、日本にアメリカの北攻撃に反対してほしいうシグナルだ。

 

日本は、一日も早く、自主防衛体制を確立して、他国の思惑や身勝手さに翻弄されないようなしなければならない。

| | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

今日思ったこと

民進党などの亡国野党は、北朝鮮によるミサイル攻撃の危機に対して、何ら具体的方策を示していない。反日偏向メディアは不安を煽るばかりで、やはり何の具体的方策を示さない。そればかりではなく、テロ防止・治安維持・国家防衛のための法整備国防安保体制強化に対して狂気の如く反対してきた。そして日本会議問題・森友問題・閣僚の失言に関してまるで天地がひっくり返るような大騒ぎをして安倍総理夫妻や自民党政府を糾弾し、「一強体制を撃ち破る」とか言って、政府攻撃に終始している。全く国家の安全よりも政府転覆の方が大事なのである。

 

我々は北朝鮮、共産支那という外敵そして亡国野党偏向メディアという内なる敵に対して、毅然として戦いを挑まねばならない。それは安倍政権を擁護するためではない。国家民族の安全を守るためである。

 

日本が核武装していれば北朝鮮も支那も日本に軍事的恫喝を加えることはできないのである。日本の核武装を急ぐべきだ。それが達成できるまでは、アメリカとの軍事的協力しか日本の安全を守る方策は残念ながら無いのである。わが国が攻撃される前に敵を叩き潰すべきと思う。その時期と方法は、日米両軍の判断によるであろう。

| | トラックバック (0)