2019年7月13日 (土)

この頃詠みし歌

讀みたき本のたくさんあるに忙しなき日日の続けば詮方もなし

マンショのン窓ごとに置かれたるキムチの壷をめずらしみ見る

南山といふ山の上に登りなば安重根の大き銅像が立つ

反日国家韓国の首都に来たりけり老人たちは親しげに我らを迎ふ

パゴダ公園に憩へる老人たちにこやかによく来てくれましたと話しかけてくる

もう三十年も昔の事なりソウルへの旅懐かしく思ひ出しをり

国柄をただ守らんとと歌ひましし昭和聖帝の御歌畏し

賑はへる浅草の街を歩みたり幾十年の縁(えにし)ある人と

支那ロシアアメリカの元首の中に立ちわが安倍総理負けることなし

女性を見ても何の感懐も湧かずなりし心臓を病む我情なし

食欲は未だ衰へぬ喜びに今宵も食べ物屋を探し回りぬ

日の本の歩みは永久に絶えるなしすめらみことのゐます限りは

久遠なる皇統連綿神代より今この御代に続くかしこさ

イスラムとの共生のことを語りゐるフランス政治家の巧なる言葉

次第次第に病にたおれる友達が増え来ることを肯はねばならず

久しぶりに会ひたる小学校の同級生昔のままの笑顔なりけり

若き夫婦が仲良く働く店に座し酒呑む時の明るき灯り

素麺と冷麦の違ひなどといふ命題を今宵しみじみ考へてゐたり

大き命題の文章を書かんと立ち向かふこれからの日々を神よ守らせ

心許す友と酒酌み語らへるこのひと時の楽しくもあるか

あの頃は若き短歌雑誌の編集長ついにこの世を去りたまひたり(橋本喜典先生)

人の命限りあるものと今ぞ知る父人先輩の訃報続きて

遠き日に我に話しかける父の声が今も消えずに残りゐしかな

あまりにも切なかりせばテープデッキより聞こえ来る父の声を最後まで聞けず

老いと死の事を詠む歌多くなりし事を悲しむ致し方なけれども

後期高齢者とは何歳までか末期高齢者といふ言葉を聞かず

|

2019年6月10日 (月)

この頃詠みし歌

すめらみことに大いなる御稜威発現し外つ國大統領に向かひ立ちませり

 

日の御子に日の大神が天降り神々しくも御稜威発現す

 

清らけき靖國の宮に参り来て平和への祈りを捧げまつれり

 

思ひつめ祈りをこめて自裁せし友の笑顔は永久に消ゆるなし

 

静かにして清らなりけるみささぎを電飾せよと言ひし男が大阪市長とは

 

人の命のはかなさをあらためて実感す我より二歳年長の僧侶の訃報

 

笑顔絶やさぬ僧侶でありしが突然にこの世を去りしこの悲しさよ

 

人の恩人の厚意を忘れずに日々過ごすなり恵まれし身は

 

愚禿親鸞行者日蓮どちらとも乱世の民衆を救はんとせし

 

拷問し責め殺したる警察官が罰せられたりといふ事を聞かず

 

戦前の特高警察の暴虐が追及されることなきをいぶかる

 

出口日出麿小林多喜二は国賊ゆゑ虐殺されても廃人されても良しとは思はず

 

大本弾圧の指揮を執りたる警保局長が戦後法務大臣になりたる不思議さ

 

このやうな歌を作るはサヨクかと言はれても良し許し難ければ

 

わが部屋に我の他に生息するは油虫とは悲しかりけり

 

何事も柳に風と受け流し生きればよいものをさうはいかない

 

苦しみて長生きするよりあっといふ間にあの世に行くがよろしかりけり

 

安らかに眠りませと祈るなりこれの世を去りたまひたる父母の御霊

 

高き樹が真っ直ぐ青空に向かひ立つ父母の眠ります菩提寺の庭

 

父母と共に参り来し菩提寺で父母の眠れる御墓を拝す

 

新しき卒塔婆を供へ父母の御霊やすかれとたゞに祈れり

 

何十万もする腕時計を見てをれば店の奥より睨む店員

 

和光といふ店の名前とは裏腹に客を怪しみて睨む店員

 

嫌な感じといふ言の葉を思ひ出すこと多し未だ修行の足らざる我は

 

書き終へし原稿一本メールにて送りし後のやすらぐ心

 

み祭りを終へて出て来し神域は夕闇に包まれ静かなりけり

 

日本は美しき國とトランプは言ふその国を焼土とせしは一体どこの國

 

時計台といふラーメン屋がありたるを思ひ出しつつ銀座四丁目に立つ

 

實川延若が颯爽と銀座を歩みをりこの世を去りてもう幾歳ぞ

 

初夏の光に照らされにつつ無縁坂を下り来れは不忍池見ゆ

 

垂乳根の母の優しさ今にしもしみじみ思ふ一人生きる我

 

五十年来の同志(とも)の講演聞きにつつその元気さに驚きにけり(宮崎正弘氏)

 

様様の事がありたる人生生きて来て今宵はここに歌詠みてゐる

 

これからは幾年生きるか知らねども為すべきことはなさんとぞ思ふ

 

何か次第に世が根元から崩れゆくかと思ふことありむごき事件続き

 

國を憂へる心切々と語りゐる若き政治家はすがしかりけり

 

道をふさぎものを訴へる人々の群れの中を行くは厭はしきかな(議員会館前)

 

わが命華やぎてあれこれの世に生きん限りは生きゆかんとて

 

命華やぐ我にしあれば今宵また筆を握りて歌を詠むなり

 

岡本かの子ごときはなやぎはなけれども男として生きるはなやぎはあれ

 

古き物は壊され捨てられ新しき街となり行くをさみしみてをり

 

荷風の愛せし藪下通りがこぼたれると聞きて悲しきこの夕べかも

 

何処に行きても何をしてゐても時々に思ひ出すのは父母の事

 

もうこの世では逢へざる父母の懐かしく遺影仰げば胸迫るなり

 

訪ね来しキャンパスの新緑美しくここに學人々の幸せを思ふ

 

|

2019年6月 5日 (水)

この頃詠みし歌

 

 

すめらみことに大いなる御稜威発現し外つ國大統領に向かひ立ちませり

 

日の御子に日の大神が天降り神々しくも御稜威発現す

 

            〇
清らけき靖國の宮に参り来て平和への祈りを捧げまつれり

 

思ひつめ祈りをこめて自裁せし友の笑顔を永久に消ゆるなし

 

静かにして清らなりけるみささぎを電飾せよと言ひし男が大阪市長とは

 

人の命のはかなさをあらためて実感す我より二歳年長の僧侶の訃報

 

笑顔絶やさぬ僧侶でありしが突然にこの世を去りしこの悲しさよ

 

人の恩人の厚意を忘れずに日々過ごすなり恵まれし身は

 

愚禿親鸞行者日蓮どちらとも乱世の民衆を救はんとせし

 

拷問し責め殺したる警察官が罰せられたりといふ事を聞かず

 

戦前の特高警察の暴虐が追及されることなきをいぶかる

 

出口日出麿小林多喜二は国賊ゆゑ虐殺されても廃人されても良しとは思はず

 

大本弾圧の指揮を執りたる警保局長が戦後法務大臣になりたる不思議さ

 

このやうな歌を作るはサヨクかと言はれても良し許し難ければ

 

わが部屋に我の他に生息するは油虫とは悲しかりけり

 

何事も柳に風と受け流し生きればよいものをさうはいかない

 

苦しみて長生きするよりあっといふ間にあの世に行くがよろしかりけり

 

安らかに眠りませと祈るなりこれの世を去りたまひたる父母の御霊

 

高き樹が真っ直ぐ青空に向かひ立つ父母の眠ります菩提寺の庭

 

父母と共に参り来し菩提寺で父母の眠れる御墓を拝す

 

新しき卒塔婆を供へ父母の御霊やすかれとたゞに祈れり

 

何十万もする腕時計を見てをれば店の奥より睨む店員

 

和光といふ店の名前とは裏腹に客を怪しみて睨む店員

 

嫌の感じといふ言の葉を思ひ出すこと多し未だ修行の足らざる我は

 

書き終へし原稿一本メールにて送りし後のやすらぐ心

 

み祭りを終へて出て来し神域は夕闇に包まれ静かなりけり

 

日本は美しき國とトランプは言ふその国を焼土とせしは一体どこの國

 

時計台といふラーメン屋がありたるを思ひ出しつつ銀座四丁目に立つ

 

實川延若が颯爽と銀座を歩みをりこの世を去りてもう幾歳ぞ

 

初夏の光に照らされにつつ無縁坂を下り来れは不忍池見ゆ

 

垂乳根の母の優しさ今にしもしみじみ思ふ一人生きる我

 

五十年来の同志(とも)の講演聞きにつつその元気さに驚きにけり(宮崎正弘氏)

 

様様の事がありたる人生生きて来て今宵はここに歌詠みてゐる

 

これからは幾年生きるか知らねども為すべきことはなさんとぞ思ふ

 

 

|

2019年5月13日 (月)

奉祝歌

 

大君は神の如くにましませばみ民我新しき御代を寿ぐ

 

日の大神の御稜威畏む今日の日にわが大君の神々しきみ姿

 

新しき御代迎へて日の本は常に生き生きと栄えゆくべし

 

第百二十六代日本天皇のみ姿を拝し奉ることのかしこさ

 

新しき御代の光は明るくもすがすがしきかな日の本の國

 

新帝のみ祭りのお姿拝しつつ新しき御代の榮えを祈る

 

日の本は常若の國新しき御代に新しき大君を仰ぐ

 

|

この頃詠みし歌

美しき色とりどりの躑躅の花を愛でつつぞ立つ根津の神垣

 

あまたの人躑躅の花を愛でにつつ根津の宮居を経巡りてゐる

 

躑躅の花咲き盛りゐる根津神社に新しき御代の彌榮を祈る

 

新しき令和の御代を生き行かむ萬葉集をなほ学びつつ

 

久しぶりに會ひたる友は健やかにわが前に座し語りゐるなり

 

ニコライ堂の姿麗しく見ゆるなる茶房の窓辺に友と語らふ

 

神田明神ニコライ堂に湯島聖堂 日の本の國は大らかなるかな

 

如何に考へても好きにはなれぬ油虫わが部屋内をウロウロしゐる

 

早朝の牛乳屋の音が聞こえ来てもう新しき一日が始まる

 

人間は皆衰へて老いてゆく こんなことを考へるやうになりし我七十二

 

 

|

追悼歌


青若葉すがしく耀よふ初夏の日に君はみづら命絶ちたり

御霊たちのもとに行きしかわが友はみづから命を絶ちにけるかも

血痕がまだ残りゐて悲しくも切なき君の祈りにぞ哭く

道の辺にいまだ消えざる血痕を拝ろがみまつる初夏の昼下がり

切なくも悲しき祈りに慟哭す青葉繁れる靖國の宮

七生報國楠公の志を継ぐ如く自決を遂げし御霊拝ろがむ

すがしき笑顔まだ眼前にあるごとし御霊はすでに天翔るとも

|

2019年5月 3日 (金)

この頃詠みし歌

九条の会などと名乗りてこの国の守り揺るがす者共を討て

政治的スローガンの如き歌を詠むは致し方なきかこの頃の日本

賑はへる和光前で待ち合はせする人々は皆スマホ見てゐる

公文書館より眺むる皇居の森の清らかさ日の本の國は永久に滅びざるべし

伊勢の大神のみ前にみ足を進めたまふわが大君の老いませし姿

伊勢の大神の神前に進みたまふ大君の老いませるみ姿を手を合はせ拝す

新緑の鮮やかな上野の山の上西郷像は凛々しくぞ立つ

若き友の当選の報が続く夜我も嬉しく若返る如し

浦安の國となることを祈りたり二人の友の当選の報を聞き

十日間の連休などは嬉しくなしと日銭を稼ぐ人々は口々に言ふ

掃除機で床を清めるこの朝(あした)春の日は今日もうららかにして

再びは逢へざる人の歌を讀みその面影を偲ぶ夜かな

地震といふ大きな破壊が何時来るかビルの林立を眺めつつ思ふ

地下二階より階段を昇ればわが胸の動悸激しき春の昼下がり

ともかくもエレベーターとエスカレーターに頼るほかなき我の外出

生活の實感といふを歌に詠む文藝作品となるもならぬも

電話にて身勝手な言ひ分しゃべりまくる声を聞こえ来る長雨の夜

玉座より去りたまひゆく大君の御姿を拝する時のさみしさ

|

2019年4月16日 (火)

この頃詠みし歌

この頃詠みし歌

日の大神の輝く國の大君は神の如くに大いなる光

父母はもうこの世には居まさねば我は一人で生きるほかなし

胸の痛み今日はあまり感じざれば何か長生きするやうな気がする

どんどんと外国人が入り来る國となりたるを肯ふべきか

共生といふ言葉を余りにも安易に使ふことはよろしきや

猛獣とは共生できぬ故にこそ彼らを檻に閉じ込めるにあらずや

北海道より来たりし人と隣同士でチャンチャン焼きのことなど話しぬ

元号は上御一人が勅定する伝統を守らぬ政府許し難し

敗戦後押し付けられし憲法は七十二年経ちて日本を破壊せんとす

「時により過ぐれば民の嘆きなり」と歌ひし人は凶刃に斃る

多くの人々眠れる霊園に春の風吹き来て嬉し今日の法要

寒き風吹き来る墓苑でうからたち先祖の御霊を拝ろがみまつる

墓石に水かけて喜ぶ幼児を曾祖父曾祖母も喜びてをらん

幼き命尊き命わが甥の子にしありなばなほに愛しき

我にしもまとはりつく幼児をいとしと思ふ老いにける我

寝る前に歌を一首二首詠むことが習ひとなりて今日も筆とる

曇り日の下なる満開の桜花 上野の山の春の華やぎ

心臓を労はりにつつ歩み行く上野の山の櫻木の下

還暦を過ぎし友と古稀過ぎし我とが語らふ葬儀のことを

墓場をもマンションと言ふと初めて聞きぬ納骨堂の事

やはり我は壺に納まりて土の中に入り行きたしと強く思へり

春の太陽昇り来たりし時にしも手を広げつつ息を吸ひ込む

帰り行く家のあることがうれしくて春雨の下傘さしてゆく

今もなほ摩文仁の丘の潮騒が聞こえ来るなり幾歳経ても

安易なる言葉使ふなとわが内より聞こえ来るなり歌詠む時に

大臣が大君に謁を賜るを面会などと言ふ國になりにけるかな

毎年の春に来たりて心愛(を)しむ谷中霊園の満開の桜

満開の桜の大樹を仰ぎてはわれの命もさきはへにけり

諏訪台に桜の花の咲き満ちる時に拝ろがむ空海の像

神やしろ古きがままに神々しく桜の花に囲まれてをり

天地の神に抱かれ今日もまたこの天地に生きて行くかも

妹背山を模して作れる築山を眺めつつ抹茶を啜る楽しさ(六義園)

受診終へ無縁坂を下り来れば春の日耀よふ不忍池

鳥たちもげに楽しげに桜木に羽やすめをり不忍池

桜花咲き盛るなる春の日の不忍池に人さはに満つ

諏訪台のみ寺に来れば桜花に囲まれて空海の像立ちませる

釈迦牟尼像今日も静かに座しませる谷中天王寺に人ら遊べり

日暮里の諏訪のみ社そのかみの村の鎮守のままののどけさ

この年の櫻も今日が見納めと経巡れる上野の山の賑はひ

防衛大の訓練の写真を見て思ふわが國には確かに国軍はある(『宮嶋茂樹写真展・防衛大学校の日々』)

桜花散り果てにける夜の街冬に戻りて寒き風吹く

二人の友と共に食せるもつ鍋は寒き夜ならなほ美味かりき

思ひ出を語り合ひたるこの夜は寒きが故に鍋美味かりき

老人が多く乗りゐると思ひつつバスに乗れば我も老人の一人ではないか

七十二歳を老人と言ふは早いぞと繰り返し自分に言ひ聞かせゐる

元気良き若き運転手が操れるタクシーに乗るは心地良きかな

大いなる神の光が満ち溢れ合掌するわが手も輝きてゐる

|

2019年3月17日 (日)

この頃詠みし歌

 

 

怒りの念おさまり難き夜の更けは力を込めて筆握るかな

 

丸々と太りし独裁者愛想よく振る舞ひてをりハノイの町で

 

佳き人と語らひにつつ食事するこの有難き幸せの時

 

ともかくも一日一日(ひとひひとひ)を自己の務め果たして生きて行きたしと思ふ

 

昨晩は午前三時まで働きゐしと言ふ若者のうらやましきかな

 

若き命誇るか如くきびきびと働く人のうらやましきかな

 

いらいらすることの多きこの頃は加齢といふ言葉をもっとも厭ふ

 

加齢臭といふ言葉をば厭ひつつ下着を洗濯機に放り込みたり

 

恨みの念しか持てぬ國との交はりは永久に絶つべしと怒りつつ思ふ

 

南北共にまともな国にあらざれば國の守りを固くするべし

 

少しの時間眠りし時に夢の世界に一人遊べる夕暮の時

 

今日もまた文章を書くひたすらにわが思ひをば筆に託して

 

そろそろと春の足音聞こえ来て早くも見たし谷中の櫻

 

染井吉野発祥の地に今日来たり萬葉集のことを語れり

 

反米を叫ぶ輩が米国製憲法擁護を叫ぶ不思議さ

 

| | トラックバック (0)

2019年2月26日 (火)

この頃詠みし歌

 

 

「平和憲法」などと言ひ続けし者共がアジアの平和を揺るがして来ぬ

 

どんどんと知り人がこの世を去りて行く残されし者は生きるほかなし

 

日々(にちにち)をただ穏やかにゆっくりと過ごしゆくことをがよろしかりけり

 

足掻いてもどうにもならずただ静かに生きて行きたしと思ふこの頃

 

去り行ける友のさみしげな後姿見送りて悔いの心残れり

 

美しき南山(ナムサン)の眺め思ひ出せど愚かな国を嫌ふほかなし

 

醜悪と言ふ二文字が浮かび来る韓国国会議長の顔の映像

 

愈々に対立といふよりも対決の時来たれるか日韓関係

 

体格の良きご主人の作りたる料理はすべて量多きかな

 

佳き歌を讀みてわが魂(たま)喜びぬ北原白秋土屋文明

 

浪漫も写実も良けれ胸を打つ言霊響く歌にしあれば

 

玄界灘を隔てて二つの国はある益々対立は深まりにつつ

 

歴史に学び現実を見ればなかなかに人間の愚かさは癒えることなし

 

紛失せしわが老眼鏡ひと月を過ぎて見つかりしは嬉しかりけり

 

髪の毛を短く刈ればわが心すがしくなりぬ早春の夕暮れ

 

虚偽と欺瞞書き連ねゐる憲法を立てるといふ政党に未来あらすな

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧