« 維新の戦いで命を国事に捧げた人々はその殆どがすぐれた詩歌を遺してゐます。しかし、維新で大きな活躍をした人でも、畳の上で亡くなった人は詩歌を遺してゐる人は少ないようです。 政治権力者政治的覇者は詩歌はあまりいい作品を遺さないのでしょう | トップページ | 今の野党に政権を担える政治家はいない。ただから自民党政権が続くのだ。 »

2021年1月17日 (日)

明治維新における「攘夷」とは、かたくなな排外思想ではない


明治維新は、尊皇攘夷思想を基本として祖国の危機を乗り切らんとした西南雄藩や尊皇の志士達と、德川幕府体制を堅持して外患を除去せんとした思想を基本とした徳川幕府の激突であったことは確かである。

しかし、明治維新における「攘夷」とは、かたくなな排外思想ではない。吉田松陰をはじめ維新の志士たちは時代の趨勢を正しく把握してゐた。松陰は敵たるアメリカを認識せんとしてアメリカ渡航を実行しやうとした。

真の攘夷精神を端的に示してゐるのが土佐藩士・中岡慎太郎(土佐の郷士。天保九年【一八三八】生。名は道正。薩長二藩の提携に尽力。慶応三年【一八六七】十一月京都で坂本竜馬とともに刺客に暗殺された)が、慶應二年(一八六六)に書いた次の文章である。

「それ攘夷と云ふは、皇國の私言にあらず。その止むを得ざるに至っては、宇内(註・世界中)各國、皆これを行ふものなり。米利堅(註・アメリカ)かつて英國の属國なり。時に英吉利(註・イギリス)王、利を貪る日々に多く、米民ますます苦しむ。因って華盛頓(註・ワシントン)なる者、民の辛苦を訴へ、是に於て華盛頓、米地十三邦の民を帥(ひき)ゐ、英人を拒絶し鎖國攘夷を行ふ。此より英米連戦七年英ついに不勝を知りて和を乞ひ、米利堅是に於て英属を免れ独立し、十三地同盟、合衆國と号し一強國となる……皇國当今、和親開港の如きは、幕吏彼の兵威に怖れ、上天子の勅意に違ひ、義理の当否、國の利害を計らず、……往々彼(註・外國)の命ずる所のまま(註・関税権を奪はれたこと)にて、萬民殆ど途端に苦しむ。……是故に萬々願くば天下の士民、……薪に座し胆を嘗むるの思を為し、……吉田松陰の攘夷の志によって海外に渡り、彼の長を取らんと企てしことなどを思ひ、その心を心とし、上下一致学術に励み、兵力を養ひ、早く攘夷の大典を立て、諸港の条約を一新し(註・不平等条約を改正すること)……会稽の恥(註・外國から受けたひどい辱めのこと)を雪(そそ)がざれば、死するとも止まずと決心する…」(『愚論ひそかに知人に示す』)。

この文書は、攘夷とは外國の侵略から祖國を守るために戦ふことであり、徳川幕府それを実行できなかったのであり、日本中の人々は上下一致して、耐へ難きを耐へて努力し、外國の長所を取り入れてみずからの國を強國にして、外國からの辱めを晴らして名誉を挽回しなければならないと論じてゐる。

そして、真の攘夷のためには海外の接触し「彼の長を取る」事も必要であるといふのである。これが明治維新をめざした人々の攘夷の精神であった。

井伊直弼主導の幕府の開港策は進歩的であり、朝廷などの攘夷の主張は保守的とするのは誤りである。上御一人・孝明天皇も、草莽の士・吉田松陰も、わが國の神代以来の伝統精神を回復し民族の主体性を確立し独立を堅持した上での外交との交際を期したのである。

|

« 維新の戦いで命を国事に捧げた人々はその殆どがすぐれた詩歌を遺してゐます。しかし、維新で大きな活躍をした人でも、畳の上で亡くなった人は詩歌を遺してゐる人は少ないようです。 政治権力者政治的覇者は詩歌はあまりいい作品を遺さないのでしょう | トップページ | 今の野党に政権を担える政治家はいない。ただから自民党政権が続くのだ。 »