« 民放こそ放送を自粛すべきである。 | トップページ | 天皇陛下の「國見」の意義 »

2021年1月 9日 (土)

千駄木庵日乗一月八日

今日は本格的な仕事始めのような日でした。『伝統と革新』の原稿執筆依頼、インタビュー依頼の手紙を何人かの方々にお出ししました。以前と違って緊張感を持って手紙を書いたりすると、すぐ疲れを感じ眠くなります。心臓病の薬の副作用かと思います。

来週は「萬葉古代史研究会」があるのですが、豊島区立の施設がコロナ禍により使用できないので今月は休会となりました。残念です。

世の中が正常に動かず、会合も中止になったりするのもさみしいことですが、体調のすぐれない私にとっては、むしろ有難いことかもしれません。一月は無理をせず、ゆっくりと仕事を進めたいと思っております。

不義理を重ねることがあるかと思いますが、お許しくださいませ。ともかくこの一年はゆったりとした気持ちで努力いたしたく思ってゐます。

|

« 民放こそ放送を自粛すべきである。 | トップページ | 天皇陛下の「國見」の意義 »