« 德川幕府による朝廷圧迫の実態 | トップページ | 田原総一朗・佐藤優氏と創価学会について »

2021年1月25日 (月)

最近の新宗教は非常に元気がないは何故だろうか

最近の新宗教は非常に元気がない。活動家たちが老齢化している。それは共産党などのサヨク組織と同じだ。小生が十代の頃、即ち昭和三十年代、選挙のたびに各新宗教は組織を挙げて選挙運動に邁進した。創価学会は参院全国区で多くの候補者を立て、殆ど全員が当選した。学会は、選挙を戦うことによって組織を強固にし伸ばした。

それに対抗した立正佼成会も候補者を立て、長谷川仁というサンケイ新聞論説委員が高位当選した。生長の家・霊友会・仏所護念會・世界救世教という教団も候補者を立てその多くが当選した。

しかし、その実態はその宗教の信者が候補者になるのではなく、各教団は自民党の候補者を応援する集票マシンだった。私が活動してゐた生長の家も、例外ではない。重宗雄三、鹿島何とか云う歯医者、玉置猛夫という日本銀行役員などを当選させたが、彼らは生長の家信徒でも谷口雅春師門下でもなかった。当時の生長の家幹部にも、仙頭泰・菊池藤吉・森田征史の各氏など参院議員になれはそれなりの活躍をしたであろう人はいたが候補者になることはなかった。

そこで組織内から候補者を立てるべきだという意見か起こったが、当時の生長の家政治連合会長・田中忠雄氏は「組織内の幹部を立てろという意見があるがそういう人は高級靈ではありますが政治的にはパーであります」などとわけのわからない禅問答みたいなことを言っていた。

当時の生長の家は『大日本帝国憲法復元』を主張してゐたが、生長の家のお蔭で当選した人々がそのことに努力した人はいなかった。要するに生長の家は自民党に集票マシンとして利用されたのだ。

他の教団も実態は大体同じであろう。ただ創価学会だけは、「政教分離」の批判が起るまでは学会幹部が国会議員を兼ねた。だから公明党は今日も残ってゐるのだ。

そんなこんなで各教団も選挙運動に疲れたのかやってもメリットがないと分かったのが選挙に熱心ではなくなった。今日も各教団の支援を受けている議員はゐるだろうが、昔のような派手な選挙運動は行われてゐない。そのことが新宗教の活気というかエネルギーを失わしめているのである。創価学会も例外ではない。邪教撲滅、折伏大行進の戦闘性は喪失してゐるようである。ただし日蓮正宗宗門攻撃は続いてゐる。

|

« 德川幕府による朝廷圧迫の実態 | トップページ | 田原総一朗・佐藤優氏と創価学会について »