« 祖靈崇拝と自然崇拝が天皇を中心とする信仰共同體國家日本の土台 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月二十五日 »

2020年11月25日 (水)

伝統と革新第三十七号 令和二年十月下旬発行

37h1_cmyk

 

 

伝統と革新37号目次原稿
37号/令和2年   目次

 

特集
皇室は危機にさらされているのか?
占領憲法と政治家・官僚の軛の下に置かれた皇室

 

・巻頭言
憲法の根本問題                       四宮正貴
・時事インタビュー
守ろう領土・主権・海洋国家
北方領土・竹島・尖閣諸島と憲法改正について語る        有村 治子
・インタビュー
新政権が抱える宿題                    長島 昭久
アジア外交と憲法改正、そして皇位継承への道づくり
安倍政権から菅新政権への課題              田久保忠衛
激変する世界で戦略的外交を発展させ、皇室の存在を
 確固たるものにせよー

 

天皇のあり方の本質を踏まえない憲法論議は方向性を誤る    高乗正臣

 

・聞き書き
男系の皇統維持のため、旧宮家から男子を養子に    百地 章
皇室祭祀の位置付けを巡って                茂木 貞純
・佐藤優の視点 
村上正邦先生を偲んで                      佐藤 優
南朝の里を訪ねた想い出

 

日本国憲法と題する文章と
天皇を戴く我が国の精神と國體             西村眞悟
『天皇の制度と日本共産党の立場』(志位和夫著)を読んで 筆坂秀世

 

世界の中の天皇                         田中英道
武漢コロナウイルスで見えた
我が国の独自性と今後の課題              永江 太郎
なぜ「天皇の永続」を願うか~世界の視野から      東郷茂彦
菊と刀の栄誉が最終的に帰一する根源が、天皇である  荒谷 卓
~天皇と三島由紀夫についての一考察~
御歌所の再興と令和の「勅撰和歌集」撰進         中澤 伸弘
三島由紀夫と天皇論                      玉川 博己
「和」を支へる「承詔必謹」の道理             金子 宗徳
~その歴史的背景と現代的意義

 

・石垣島便り31
東南アジア戦没者慰霊に思う                    中尾秀一

 

「やまと歌の心」                         千駄木庵主人

 

保守を任じるも「ハレ」と「ケ」が
わからなくなった現代の位相                  木村三浩
    
・憂国放談 第八回
コロナ禍に問われる日本人の死生観             犬塚 博英

 

取り扱い書店様一覧
「伝統と革新」バックナンバー一覧
編集後記 

 

|

« 祖靈崇拝と自然崇拝が天皇を中心とする信仰共同體國家日本の土台 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月二十五日 »