« 千駄木庵日乗九月五日 | トップページ | 「日出づる國」への誇り・祖國へ愛を歌った山上憶良の歌 »

2020年9月 5日 (土)

『アジア問題懇話会』における興梠一郎神田外語大学教授による「中国はどこへ向かうのか?~習近平体制を読み解く」と題する講演内容

 

『アジア問題懇話会』における興梠一郎神田外語大学教授による「中国はどこへ向かうのか?~習近平体制を読み解く」と題する講演内容

本日開催された『アジア問題懇話会』における興梠一郎神田外語大学教授による「中国はどこへ向かうのか?~習近平体制を読み解く」と題する講演で印象に残ったことは次の通りです。

「毛沢東の言葉を使って毛沢東を批判する。毛沢東は昔湖南自治運動に参加した。今で言う分裂主義。今なら捕まっている。中国共産党は約束を簡単に破る。一国二制度も然り。チェコにたいして『代価を支払わせる』というやくざ言葉を使った。イタリア北部は中国人だらけ。中国共産党は北朝鮮と違って粛清した相手を殺さない。薄熙来も江青も終身刑。一説には、長老の陳雲が「党内闘争では、殺してはならない」と主張したからだと言われている。

今の中国は前近代的。清朝末期のような國。辛亥革命は何のためにやったのか。スターリンの伝統が残ってゐる。ソ連を研究しないと中国は分からない。アメリカのポンぺオ国務長官は、習近平は破綻した全体主義の信奉者と言った。中国は人民抑圧、ファシズムの国になっている。支配と覇権確立が中共の最大の目的。習近平は憲法を変えて任期を撤廃し、終身国家主席をやれるようになったが、首相の任期はそのままであり、李克強は2023年に引退することになる。

コロナの隠蔽や香港の国家安全維持法導入による「一国二制度」の破棄により、中国は国家としての信頼を失っている。アメリカは、経済的成長は軍事力強化になると警戒している。香港では、教科書の内容が変えられ、三権分立や天安門の記述が削除される方針。中国流にいえば、香港人の社会主義思想改造である。いずれ、デモもしなくなるかもしれない。中国の昔の冊封と近代国家における領有権とは違う。日本はまだまだ緊張感が足りない。中国を知り尽くし、コロナの対策などで素早い対応をみせた台湾に学べ」。

 

 

 

 

 

 

|

« 千駄木庵日乗九月五日 | トップページ | 「日出づる國」への誇り・祖國へ愛を歌った山上憶良の歌 »