« オピニオン雑誌『傳統と革新』第三十六号 | トップページ | 千駄木庵日乗八月五日 »

2020年8月 4日 (火)

この頃詠みし歌

 

 

我もまた憎しみ持てば十倍返しとかいふテレビの台詞親しも

 

駒込神明宮といふ地名の場所は山奥の景色なりけり「鬼平犯科帳」

 

七十三年生きて来たれる街こそがわが故郷と思ひ喜ぶ

 

人類の進歩と調和といふ言葉何か空しく蘇えり来る

 

朝の空久方ぶりに太陽が照りつけるベランダで深呼吸する

 

嫌な奴の怒声が電話より聞こえ来るわが声も相手が聴けば同じ怒声なるらん

 

若き店員がきびきびと働く肉屋さんで少し高めの肉を買ひたり

 

一日に二本の原稿を書き終へて一人静かに夜を過ごせり

 

梅雨が明けし夜空に浮かぶ満月が煌々として冴えかえるなり

 

満月は昔のままの光放ちつつコロナウイルス猖獗の都の空に浮かべり

 

きらびやかに光を放つスカイツリーの真横に昔ながらの満月浮かぶ

 

朱色なる満月がスカイツリーのすぐ横にどっしりと浮かぶ梅雨明けの夜

 

|

« オピニオン雑誌『傳統と革新』第三十六号 | トップページ | 千駄木庵日乗八月五日 »