« 千駄木庵日乗七月七日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月八日 »

2020年7月 7日 (火)

「有心」「無心」について

大伴書持(ふみもち)の歌

わが屋(や)戸(ど)に 月おし照れり ほととぎす 心あらば今夜(こよひ) 來(き)鳴(な)き響(とよ)もせ              (一四八〇)
 

【大伴書持】大伴家持の弟。天平十八年(七四六)没。金持はゐなかった。
【おし照れり】空高くから煌々と一面に照らしてゐる。【心あらば】思ひやりの心があれば。【鳴き響もせ】鳴き響かせておくれ。

通釈は、「私の家の庭に月が照ってゐる。ほととぎすよ、心があったならば、今夜来て、鳴き立てておくれ」といふ意。

ほととぎすに人の風流・情趣が分かる心を求めてゐる。大伴書持は大歌人家持の弟であるが、『萬葉集』には十二首の歌が収められてゐるだけである。風流を愛し、草花を愛した人。

中世の大歌人・西行に

「心なき身にもあはれは知られけり鴫立つ澤の秋の夕暮れ」(出家した心なき身にも、あはれの心はよく分かる。鴫【水鳥の一種】が飛び立つ秋の夕暮れには)

といふ歌がある。

出家した人は、悟りの境地を求め、戀とか愛とか美といふ世界から超脱してゐなければならないとされてゐる。「心なき身」とはさういふことである。出家し僧侶である西行は本来、喜怒哀楽の心・愛憎の心・五感の喜び即ち煩悩から超脱してゐなければならないが、澤から鴫が飛び立つ秋の夕暮れには、哀感・寂寥感を感ぜずにはゐられない。「心なき身」即ち現世的な感情を断絶しなければならない出家の身である西行にも、「もののあはれ」といふことは知ることができるなあ、といふ歌である。これが日本人としての自然な心であらう。

 「もののあはれ」とは物事に対してしみじみと感動する心のことである。単なる哀歓でも悲しみでもない。なかなか定義づけるのは難しい言葉である。

この大伴書持の歌は西行の歌ほど深い内容ではないが、日本人が古来「心」といふものを大切にしてきたことが分かる歌である。書持の歌の「心」は風流を愛する心である。

歌の学問上は、「有心」とは「深い心があること」「思慮分別があること」であり、大切なものとされる。書持の歌はこの心を歌った。

歌学上の「無心」とは「情趣を理解しない心、情趣をわきまへない心」といふ意味である。一方、仏教上の「無心」とは「一切の妄念を離れた心」として大切にされた。西行の「心なき身」の「心」とはこのことである。

醍醐天皇の御代の延喜十六年には『有心無心歌合』が行はれた。七夕の日に「有心」無心」の歌を互ひに歌はせて競はせた歌会である。天上の戀は「無心の戀」であり、地上の人間の戀は「有心の戀」と言はれたといふ。

平安時代には、「無心」とは思慮分別がない、世の常識を超えた心とされ、「有心」とは思慮分別があり常識をわきまへた心とされるようになったといふ。従ってこの歌は、「ほととぎすさん、思慮分別があれば月が煌々と照ってゐるわが家の庭に来て鳴いておくれ」と歌ったのである。

現代の言葉で言へば、「有心」とは、合理的、理知的な心といふことであらう。この言葉の意味は、歌学と仏教では大きく異なると言っていいだらう。

歌学における「有心」とは「真実のある歌を指すとともに、美的様式としてはつややかなもの言ふ」とされる。それが中世になると妖艶な美となる。この大伴書持の歌は、さういふ歌の淵源といふことになろう。一方、「無心」とは一言で言ふと枯淡の境地の事である。

この書持の歌の「心あらば」は、月が照って美しい夜であるのだから、さらに興を添へてほととぎすがわが庭に来て鳴いてくれることを求めたのである。ほととぎすを擬人化して、「心あらば」と求める新しい着想の歌。かういふ歌を、情趣をわきまへた歌、風流、艶の世界の歌と言ふ。やや大袈裟に言へば、新しい機軸・美感覚を打ち立てた歌と言っていい。

奈良朝後期になると、歌が型にはまって来て花鳥風月を型通りに歌ふ歌がやや多くなってゐる。しかし、この大伴書持の歌は、後世の「有心」の世界、艶の世界を詠んだ歌の端緒と言っていいであらう。

|

« 千駄木庵日乗七月七日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月八日 »