« 孝明天皇の国家・国民を思ひ給ふ大御心、御祈りが、草莽の志士達を決起せしめ、明治維新の原動力となった。 | トップページ | 千駄木庵日乗五月十七日 »

2019年5月17日 (金)

国会議員と言論の自由

二、三日前に書いたことと矛盾するというお叱りを受けるかもしれませんが、国会議員には「言論の自由」はないのでしょうか。あの程度の発言で「議員を辞職しろ」などと決議するのはおかしい。七十四年間も領土を不法不当に奪ったまま返そうとしないロシアという國と戦争をしてでも取り返すべしという主張は否定すべきでないし、そういう発言をしたからといって、「議員辞職しろ」などと迫るのはまさに「言論の自由」の否定であり圧迫であると思いますが如何でしょうか。議員の資質の低下を責める資格のある議員が一体何人いるのかと思います。辻元清美などは存在そのものが議員辞職してもらいたい人だと思います。私たち一般庶民の先祖の御墓ですら、他人が勝手に電飾し、イルミネーションで飾り立てるなどというのは絶対に許し難いことです。ましていわんや、神聖君主日本天皇の御陵にそのようなことしたらどうかなどと不敬発言をした男こそ、大阪市長及び公党の代表を辞任すべきであります。

|

« 孝明天皇の国家・国民を思ひ給ふ大御心、御祈りが、草莽の志士達を決起せしめ、明治維新の原動力となった。 | トップページ | 千駄木庵日乗五月十七日 »