« 千駄木庵日乗五月十九日 | トップページ | 昨年十一月十七日に開催された『アジア問題懇話会』における阿部純一霞山会常任理事・研究主幹の「中国『一帯一路』の軍事的側面を考える」と題する講演内容 »

2019年5月19日 (日)

昨年十月二十九日に開催された『明治の日を実現するための議員連盟支援集会』における登壇者の発言

昨年十月二十九日に開催された『明治の日を実現するための議員連盟支援集会』における登壇者の発言は次の通り。

塚本三郎明治の日推進協議会会長「明治維新の先人の努力を学ぶことが大切。先人の事績を学び、感謝すべし」。

古屋圭司議員連盟会長「消防団は日本が生んだ世界一のインフラ。十一月三日は叙勲の日。出来るだけ多くの与野党の賛同を得る必要あり。昭和二十二年十一月三日、『明治節』が『文化の日』に替えることを強いられた。『明治の日』を作ると国家神道が復活するとA新聞は批判。風が吹けば桶屋が儲かる論法。法制局と協力を進めている。自民党の中でも政務調査会と連携し、法案成立を期す。将来を担う子供が明治の精神を全く学校で学んでいない。明治の日制定によって学校教育で学ぶことができるようになる」。

稲田朋美議員連盟幹事長「私は『代表質問』で『五箇条の御誓文』の復活を訴えた。道義的に尊敬される國を目指し明治の精神に回帰しなけれはいけない。明治維新百五十年の今年に形にしてゆく」。

山田宏議員連盟事務局長「天下大乱の時に日本人にとって大切なのは民族の記憶。明治時代を作った記憶に回帰する。『文化の日』では駄目。自民党内の部会を通し、公明党の理解を得て、野党の支持を受ける。私は野党生活が長いので野党対策」。

衛藤晟一氏「明治維新前後の激動の時代は、日本人が素晴らしい精神で駆け抜けた時代。その精神を私たちの心の中に蘇えらせる」。

新保祐司氏「国民が歴史を振り返ることは大事。奈良時代も偉大だった。明治時代はもっと偉大だった。明治の精神が偉大だったのは物質文明が偉大だったからではない。非凡なる凡人が明治の人。義の精神が強くあった。今日の日本人は鑑として振り返らねばならない。独立自尊の精神。カレンダーに『明治』という文字が刻まれ、『明治の日』の行事が行われることによって明治の精神が継承される」。

櫻井よし子氏「日本に本当に必要であるのは、日本人は立派な民族であるという精神。自分の力で国土と民族を守ることが求められている。それが出来なければ民族は滅びる。戦後は豊かになったか、日本人は日本人の価値を置いて来てしまった。国家としての日本、精神の気高さ、誇りがあった。それが形になったのが明治国家。『五箇条の御誓文』ほど立派なものは無い。今の時代にも通用する。今日の世界に広めてゆく価値のあるものが『五箇条の御誓文』。その精神を忘れないために『明治の日』制定が大切」。

阿羅健一氏「十一月三日を『明治の日に』という篤い思いで日本青年館に集まったのは十年前。正念場に来て国会議員と一緒になって頑張っていきたい」。

|

« 千駄木庵日乗五月十九日 | トップページ | 昨年十一月十七日に開催された『アジア問題懇話会』における阿部純一霞山会常任理事・研究主幹の「中国『一帯一路』の軍事的側面を考える」と題する講演内容 »