« 第九十五回日本の心を学ぶ会 | トップページ | 孝明天皇の天津日嗣の御稜威が明治維新の原基である »

2019年5月26日 (日)

千駄木庵日乗五月二十五日

午前は、諸事。

午後は、室内整理。資料の整理。

午後五時半より、赤坂の乃木神社にて、「楠公祭」執行。国歌斉唱・祭祀奏上・祈願詞奏上、『櫻井の訣別』斉唱、玉串奉奠、『海征かば』斉唱などが行われた。犬塚博英氏、三澤浩一氏が挨拶。

続いて、宮本雅史産経新聞編集委員が「忠誠を貫いた楠公の精神」と題して講演。

大変充実し意義深い祭儀であった。

帰宅後は、明日の講演の準備、『伝統と革新』編集の仕事。

|

« 第九十五回日本の心を学ぶ会 | トップページ | 孝明天皇の天津日嗣の御稜威が明治維新の原基である »