« 千駄木庵日乗五月三十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗五六月一日 »

2019年6月 1日 (土)

和歌の勃興は祖国愛の勃興と一体である

 日本人として自然な心で天皇を仰慕し、國を思ひ、國土を讃美する歌は萬葉時代から現代まで数限り無くある。

 『萬葉集』は、日本の傳統精神の文學的結晶である。萬葉の時代は、外には朝鮮半島の問題があり、内には蘇我氏の専横があり、文字通り内憂外患の時代であり決して平穏無事な時代ではなかった。その國難を打開し、天皇中心の新國家體制の確立をはかったのが、大化改新である。

大化改新を断行した後、日本は天智天皇二年(六六三)に白村江の戦ひに敗れた。しかし、國家の統一を失はなかったのは、愛國心・ナショナリズムが燃え上がったからである。

かうした時代において、柿本人麿は天皇の神聖性と日本國體の素晴らしさを美事にうたひあげ、大伴家持は漢心(からごころ)の蔓延への抵抗として『萬葉集』を編纂した。この時代の旭日昇天の清新なる日本民族の精神は『萬葉集』に結晶されてゐる。だから『萬葉集』には柿本人麻呂などの天皇讃歌國土讃歌の歌や防人歌といふ國土防衛への決意の歌が収められてゐる。

平安時代になって、漢風文化が浸透して國風文化が軽視された時代が長くつづいた。『萬葉集』以後『新撰萬葉集』まで、約百三十年間(平安朝前期)、わが國の文學の主流は表面的には漢文學であった。漢詩の勅撰集は撰進されたが和歌の勅撰集の撰進はなかった。どうしてこのやうなことになったのか。

阿部正路氏は、「平安時代に入って、急に和歌が衰えた理由として、光仁天皇以後、近江朝系統が勢いを得て、帰化人の進出がいちじるしかったことや、和歌と縁の深かった大伴氏らの勢いが衰えたことなども挙げることができると同時に、新都による生活の変化や朝廷をめぐっての事が多く、内外共に尚武的實質的になったことなどをあげることができる。」(『和歌文學発生史論』)と論じてゐる。

ただし、和歌と尚武の心は相矛盾するものでないことは、須佐之男命・日本武尊の御事績を拝して明らかである。むしろ「剣魂歌心」といはれるやうに武の心と歌心は一體である。

今日の混迷状況を打開し変革するためには、長い歴史を有する日本民族が育み継承してきた伝統精神への回帰とそれを基盤とした愛国心(日本民族としての帰属意識)の昂揚が必要である。

大化改新・明治維新・大東亜戦争を見ても明らかなやうに、日本における変革や国難の打開は、必ず愛国心・尊皇心の興起と一体であった。

そもそも愛国心・尊皇心は抽象的人工的な「理論」「理屈」ではなく、この日本に生を享け、日本に生きる者が抱く素直な感情であり自然な心である。さらに言えば日本人の「道」であり「まごころ」である。したがって愛国心・尊皇心は理論や教条によって表現されるよりも、和歌によってよく表白されてきた。現代に生きる我々は古人の歌によってその志・まごころ・道を学ぶべきである。日本人として自然な心で天皇を仰慕し、国を思い、国土を讃美する歌は萬葉時代から現代まで数限り無くある。

『萬葉集』において国家意識を明確に歌った歌としては次のやうな歌がある。

「いざ子どもはやく日本(やまと)へ大伴の御津(みつ)の濱松待ち戀ひぬらむ」

 「さあ、人々よ。早く日本へ帰らう。あの難波の大伴の郷の御津の濱松ではないが、残してきた家族が待ち焦がれているだらう」といふ意。

山上憶良が遣唐使として唐にゐた時、祖国を偲んで歌った歌。日本回帰の心が見事に美しく歌はれてゐる。憶良は唐との文化の対比において日本を自覚し祖国愛に目覚めたのである。

仁和三年(八八七)、宇多天皇が即位されると、天皇親政の復活と摂関藤原氏の抑制に力を尽くされると共に、遣唐使を廃止し、平安初期百年の間支那模倣の科挙の制度のための漢詩文全盛の陰になってゐた伝統的な和歌を復興するなど、支那崇拝を排して国民的自覚を明確にし、國體意識興起の復古維新を断行された。そして、延喜五年(九0五)醍醐天皇の命により紀貫之などによって、日本の伝統美・風雅を見事に結晶させた『古今和歌集』が撰進された。

平安時代の人々の心の中核には天皇仰慕の心と神代への回帰の心とがあった。

在原業平は

「大原や小塩の山も今日こそは神代のことも思ひいづらめ」
「ちはやぶる神代もきかず龍田川からくれなゐに水くくるとは」

と詠んでゐる。

さらに国歌『君が代』の典拠である

「わが君は千代に八千代にさざれ石のいはほとなりて苔のむすまで」

も『古今和歌集』の「賀歌」である。
 
武士の勃興によって王朝文化が滅びゆかんとする乱世変革の時代に、後鳥羽上皇の命により元久二年(一二〇五)に撰進されたのが『新古今和歌集』である。

「もろこしも天の下にぞありときく照る日の本を忘れざらなむ」

 成尋法師という人が延久四年(一〇七二)支那に渡った時に、その母が詠んだ歌。「唐土も同じ天の下にあると聞いてゐます。天に照る日の本である日本を忘れないで下さい」といふ意。息子が仏道修行に行く支那も日の本の国たるわが天日の光が照らしてゐるのだから、日本人としての誇りを忘れるなとよびかけてゐるのである。聖徳太子の御精神に相通ずる誇らかな愛国精神の歌である。

このやうにわが国の愛国精神は、いかなる時代にあっても、脈々と和歌といふ文藝によって継承されて来たのである。

|

« 千駄木庵日乗五月三十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗五六月一日 »