« 千駄木庵日乗四月十九日 | トップページ | 萬葉古代史研究會 »

2019年4月20日 (土)

国家的危機と敬神尊皇精神

日本民族は、自然に刃向ひ対決し、自然を破壊すると、自然から災ひを受けること体験から學んだ。自然を畏敬し、自然に順応して生活することが大切であることを知った。自然を畏敬し、自然に順応するといふことは、自然の神、自然の精靈たちを畏れるだけではなく、祭祀によって神や精靈たちを祓ひ清め鎮めたのである。

日本傳統信仰は、天皇の祭祀と神社の祭祀を通して、今もなほ継承されてゐる。のみならず、現實に天皇及び御皇室の自然の命を慈しみたまふ御精神と御行動そして神社の鎮守の森が、自然破壊と人心の荒廃を食ひ止める大きな力となってゐる。

科學技術が進歩し物質文明が豊かになってゐる今日においても、日本には古代信仰・民族信仰が脈々と生きてゐる。伊勢の皇大神宮をはじめとした全國各地の神社で毎日のようにお祭りが行はれてゐる。のみならず日本傳統信仰の祭り主であらせられる天皇は多くのみ祭りを厳修され、國家の平安・國民の幸福・五穀の豊饒を神に祈り続けられてゐる。そしてその祭り主たる日本天皇は日本國家の君主であらせられる。これが世界に誇るべき日本國體の素晴らしさである。

わが國の歴史を回顧すると、國家的危機の時こそ、尊皇敬神思想・愛國心が勃興し、その危機を乗り切ってきた。「白村江の戦ひ」に敗れ、唐新羅連合軍のわが國への侵攻の危機に見舞はれた時には、大化改新を断行し、天皇中心の國家體制を明徴化した。「壬申の乱」の後には、皇室祭祀および伊勢の神宮祭祀の制度が確立し『記紀』及び『萬葉集』が編纂され天皇中心の國家思想が正しく確立された。「元寇」の時には、それこそ全國民的に神國思想が勃興し國難を乗り切った。

幕末の外患の危機に際しては、尊皇攘夷を基本精神とする明治維新が断行され、日本の独立を維持し近代國家として出発した。今日の日本の危機的状況も、尊皇精神の興起・日本傳統精神の復興により必ず打開し乗り切ることができると確信する。

|

« 千駄木庵日乗四月十九日 | トップページ | 萬葉古代史研究會 »