« 千駄木庵日乗四月二十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月二十八日 »

2019年4月27日 (土)

来年一月に行われる台湾総統選挙について

本日開催された『アジア問題懇話会』における福島香織氏(ジャーナリスト)による「米中新冷戦構造と台湾―そして日本の対応は―」と題する講演はとても勉強になった。講演を聞き来つつ、小生は次のようなことを考えた。

来年一月十一日に行われる台湾総統選挙で、国民党が勝利する可能性が高いと言う。そうなるといわゆる「中台統一」という名の共産支那による台湾併合の危険が物凄く高まる。習近平は自分の権力基盤の強化にあせっているので、共産支那は相当無理をしてでも台湾併合を実行するだろう。

わが日本にとって最も憂慮すべきなのは、台湾という島国が共産支那の軍事基地になるということである。中華民国陸海空三軍が、「中国人民解放軍」という名の支那アジア侵略軍の指揮下に入るということである。

アメリカは、軍高官に外省人(支那人)が多い台湾軍による軍事情報の共産支那への漏えい、武器の支那への譲渡若しくは売却を今でも警戒しているという。

蒋介石は亡くなった時、「堅守民主陣容」「光復大陸國土」という遺訓を遺した。そして蒋介石は「反攻大陸」を願い続けた。今の国民党はそうした遺訓をすべて無視して、中共と手を結び、事実上の第三次国共合作をしている。まさに台湾は共産支那の支配下に置かれようとしているのである。

然るに日本は対南北朝鮮に比較すると、台湾に対する関心は薄い。特に問題なのは、自民党・公明党に「親中派」が多いということだ。公明党は党を挙げて「親中」だし、自民党は二階幹事長・福田元首相という大物が親中派である。自民党政府も、メディアも、共産支那によって不当に拘束されている多数の日本人の解放要求を全く行わない。沈黙を決め込んでいる。そして国民大多数もこの事に全く無関心である。

来年一月の総統選挙に国民党が勝利し、中台統一が実現すると、台湾は支那の一部になる。つまり中華人民共和国台湾省になるのだ。台湾は共産支那の軍事基地となり、支那は太平洋に自由に軍事進出できるようになる。そして共産支那の「太平洋を米中で二分割する」の野望を達成するのである。そうなったら日本はどうなるのか。

|

« 千駄木庵日乗四月二十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月二十八日 »