« 千駄木庵日乗三月八日 | トップページ |  横畠裕介内閣法制局長官の発言はまともだ »

2019年3月 9日 (土)

菅原道真公について

本日参拝した湯島天満宮のご祭神は、菅原道真公である。多くの人々が参拝に来ていた。その多くは合格の御礼参りであろうと思はれる。

 

菅原道真公は学問の神様として崇められてゐるが、日本伝統精神を基軸とした学問の復興に努められた方で、且、尊皇精神の篤い方であった。次の歌をのこされてゐる。

 

 

このたびは 幣(ぬさ)もとりあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに

 

 

通釈「今度の旅は、神に捧げるための幣を用意することも出来なかった。しかし手向山の美しい紅葉を幣として捧げますので、どうか神よ、み心のままに受け取りたまへ」。

 

『古今和歌集』所収。

宇多上皇が、昌泰元年(八九八)十月、吉野宮瀧に行幸された際、ご一行が道祖神への供物を忘れてきたことに気付いた時に、供奉した菅原道真が詠んだ歌。『古今和歌集』『百人一首』に収められてゐる。

 

【このたびは】「旅」と「度」の掛詞で、「今度の旅は」といふ意。【幣】神に捧げるために色とりどりの絹を細かく切ったもの。旅の途中で道祖神に捧げた。【とりあへず】急いで旅立って来たので用意するひまがなかった。【手向山】山中で旅人が旅の無事を祈って道祖神に幣を捧げる所。普通名詞。【紅葉の錦】人間の織る錦の美しさを紅葉になぞらへた表現。【神のまにまに】神の御心のままに。

 

旧暦十月二十日は、吉野の宮瀧は、紅葉が散り乱れてゐたであらう。人が織った幣よりも見事に色づいた山の紅葉の方が美しいといふ意味がこめられてゐる。単に耽美的とか知的な表現といふよりも、紅葉が美しい吉野山の景色を神への捧げものとして詠み、吉野宮瀧全体を祭祀の場とした壮大なる歌である。

 

「神のまにまに」といふ結句の柔らかな調べがこの歌を親しみやすいものにしてゐる。

 

吉野は今日も自然の美しい地であり、日本民族そして皇室の歴史と伝統を伝へてゐる地である。特にこの歌が詠まれた宮瀧は、斉明天皇の御代に離宮が造営されて以来、歴代天皇が度々行幸された。天皇が離宮に行かれるのは、単に遊びに行かれたのではなく、歴史的由緒のある神聖な吉野の地で、川水で御祓をされ祭祀をされるためであった。

 

宮瀧には、吉野川流域で最大の「宮滝遺跡」がある。ここから出土した縄文時代後期の土器に「宮滝式」の名称が付けられ、また遺跡の北側から飛鳥時代以後から平安時代初期の建物跡も発見されてゐる。

 

『萬葉集』の大歌人・柿本人麻呂は、持統天皇が、持統天皇五年(六九一)、吉野に行幸された時、壮大なる『吉野讃歌』を詠んだ。

 

菅原道真はさういふ伝統を継承して、神が宿る自然への祭祀といふ日本伝統信仰を荘厳にそしてはなやかに歌ったのである。

 

日本人は本来「自然には神霊が宿る」といふ信仰を持ってゐる。さうした日本傳統信仰は、日本の自然環境と日本人の農耕生活の中から自然に生まれた信仰である。それは今日的言葉で言へば大自然と人間との共生の精神でもある。

 

日本人は、自然の摂理に素直に随順し、人間と自然は相戦ひ相対立する関係にあるとは考へない。人と自然とは生命的に一体であるとの精神に立つ。さうした精神は、も「鎮守の森」に象徴される。「鎮守の森」ばかりではない。ふるさとの山や海に神や精靈が生きており、秀麗な山には神が天降り、神の靈が宿ってゐると信じて来た。

 

「山びこ」(山の谷などで起こる声や音の反響)のことをこだま即ち「木霊」「木魂」と言ふ。山野の樹木に霊が宿るといふ信仰から出来た言葉である。まさに日本人は、山野に霊が宿ってゐると信じ、深山幽谷は古代人の眼から見れば、精霊の世界だった。この道真の歌はまさにさういふ信仰を歌ったのである。

 

菅原道真は優れた漢学者であり法華経の学者でもあった。言はば外来の最高の学問を身に付けた人であったが、道真が編纂した歴史書『類聚国史』(二百巻)は神祇・帝王のことが冒頭に記されてゐて、仏教のことについては外国関係のものとしてはるか後ろの方に輯録されてゐるといふ。道真はまた遣唐使の廃止を建言した人物でもある。つまり、国粋精神の持ち主であった。

 

日本の伝統を重んじる精神があったればこそ外国文化を正しく学び自己のものとすることができたのである。道真はまさに主体性と開放性とを併せ有する日本文化のあり方を体現した人物であった。

 

菅原道真公 承和十二年(八四五)~延喜(九〇三)。平安初期の公卿・漢学者・政治家。元慶元年(八七七)文章博士。昌泰二年(八九九)右大臣。左大臣藤原時平たちの讒言により、延喜元年(九〇一)大宰権帥に左遷され、延喜三年、配所で没した。

 

|

« 千駄木庵日乗三月八日 | トップページ |  横畠裕介内閣法制局長官の発言はまともだ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菅原道真公について:

« 千駄木庵日乗三月八日 | トップページ |  横畠裕介内閣法制局長官の発言はまともだ »