« 千駄木庵日乗一月二十二日 | トップページ | 萬葉古代史研究會 »

2019年1月23日 (水)

日本は大陸国家・半島国家の悪逆非道から祖国を守らねばならない

 

全世界の国家がさうであるやうに、東アジアにおいても大陸国家と半島国家・海洋国家とに分けられる。支那は大陸国家であり、朝鮮は半島国家であり、日本や東南アジア各国は海洋国家である。戦争が起こる確率が高いのは半島国家だといふ。

 

これまでの歴史を顧みると、わが国は朝鮮半島や支那大陸に進出すると手ひどい目に遭ってゐる。成功したためしはない。戦前は、軍事的・政治的に大陸に深入りして、ソ連中共の謀略に引っかかり、泥沼の戦ひとなって日米戦争にまで進み敗北した。戦後は、支那大陸に経済的に深入りして、金と技術をまきあげられ、共産支那を軍事大国にしてしまひ、かへってわが國の安全と独立が脅かされてゐる。

 

朝鮮半島についても同じことが言へる。朝鮮半島と支那大陸に深入りすることは日本にとって利益にはならない。実際、近代日本は、半島と大陸に深入りしすぎて、結局亡国への道を歩んだ。近代どころではない、古代日本の白村江の戦ひの敗北、豊臣秀吉の朝鮮出兵の失敗を見てもそれは明らかである。我々は歴史に学ばねばならない。

 

近年の日本も支那大陸・朝鮮半島に政治的経済的に深入りしすぎてきた。日本のお蔭で経済発展した支那韓国は、日本に牙を向けて来てゐる。日本はまづ自らの主体性を正しく確立しなければならない。

 

わが国は北の脅威に韓国と共に対処する必要はない。韓国の防衛は韓国自身と韓国の同盟国アメリカに任せればいい。日本はアメリカを後方支援すれば良い。ともかく敵対国家韓国と軍事的協力などする必要はさらさらない。

 

韓国が北朝鮮・支那に侵略支配されようと、わが国が韓国に軍事的支援をする必要はない。韓国は北朝鮮に侵略され統一国家になったら、日本に侵略の牙を向けて来るのは火を見るよりも明らかである。

 

大陸・半島に軍事的経済的政治的にあまりにも深入りしたことによって、亡国の道を歩んだのだ。歴史を繰り返してはならない。

 

わが国が共産支那や南北朝鮮から祖国を守るためには核武装が必要である。日本傳統精神を興起せしめ道義国家日本の真姿を回復し、アジアの平和のために貢献することは大切であるが、それは支那朝鮮と妥協したり、言ひなりになることではない。

 

もちろん、四海同胞・八紘爲宇・アジアナショナリズム・アジア解放の理想は正しいが、「アジアは一つ」ではあっても、各民族・各国家はそれぞれ全く異なる文化と歴史と民族性を持ってゐることをはっきりと認識し、海洋国家(台湾・ベトナム、マレーシア、フィリッピン、インドネシア、インド、オーストラリア、ニュージーランドそしてアメリカ)と協力して大陸国家・半島国家の悪逆非道から祖国を守らねばならない。

 

|

« 千駄木庵日乗一月二十二日 | トップページ | 萬葉古代史研究會 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本は大陸国家・半島国家の悪逆非道から祖国を守らねばならない:

« 千駄木庵日乗一月二十二日 | トップページ | 萬葉古代史研究會 »