« いはゆる「従軍慰安婦」とは虚構であり嘘八百である | トップページ | 千駄木庵日乗一月二十二日 »

2019年1月21日 (月)

今日思ったこと

私の小中学生時代は、悪いことをしたら先生から体罰を加えられるのは当たり前だった。いわゆる「愛の鞭」か、憎しみの感情で殴ったかはその場ですぐにわかった。良い先生は良い先生だし、嫌な先生は嫌な先生だった。やたらに感情に任せあるいは自分の立場を守るだけために生徒に体罰を加えた先生は、生徒が卒業した後、仇を討たれた人もいた。

 

パワハラということがいろいろ問題になっているが、パワハラに耐えそれに打ち勝ち、次第に強い男に成長していくのではないだろうか。パワハラに耐えられず自殺するなどというのはとても考えられない。特に警察官にそういう事例がある。階級が上の人・上司には逆らえないというのが習い性になっているのだろうか。どうせ自分の命を絶つのなら相手を殺してから自殺すれば良いではないか。そうもいかないのでしょうか?。

|

« いはゆる「従軍慰安婦」とは虚構であり嘘八百である | トップページ | 千駄木庵日乗一月二十二日 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日思ったこと:

« いはゆる「従軍慰安婦」とは虚構であり嘘八百である | トップページ | 千駄木庵日乗一月二十二日 »