« 今の検察・警察はおかしい | トップページ | 千駄木庵日乗一月十一日 »

2019年1月11日 (金)

第91回日本の心を学ぶ会

 

91回日本の心を学ぶ会

 

即位儀礼・皇室祭祀について

 

御譲位と改元が迫ってまいりました。御譲位による皇位継承は約二百年ぶりのことです。政府は、江戸時代に君臨あそばされた第一一九代・光格天皇の譲位式を参考に儀礼の準備を進めているとのことです。

 

即位儀礼のなかで国事行為とされる「即位の礼」に比べると、公的皇室行事とされる「大嘗祭」については、国民にあまり良く知られていないようです。

「即位の礼」「剣璽等継承の儀」によって、皇位は新天皇に継承されます。しかし「大嘗祭」は、皇位継承において「即位の礼」と共にまことに重要な儀式であります。「大嘗祭」とは、新天皇自ら新穀を天神地祇に捧げ、皇祖天照大神の御神霊と一体になられる祭祀であると承ります。まさに天皇という御存在と不可分の祭祀であるといえます。

 

そもそも天皇陛下が行われる祭祀とは統治と一体のものであり、時代の変遷の中でも、天皇が祭祀を通じて御神意をうかがい、国民の意志を神に申し上げ、政治を正しくされてきました。これを「祭政一致」と申し上げます。この「祭政一致」の國體は建国以来今日までゆらぐことはありませんでした。

しかし『現行占領憲法』においては「天皇祭祀・皇室祭祀」は「皇室の私的行事」とされております。「大嘗祭」も公的性格は有するが国事行為ではないというのが政府見解です。しかも、国費を使うことについては「政教分離の規定」に違反するという批判すらあります。

 

そこで今回の勉強会では「即位儀礼」と「皇室祭祀」について考えてみたいと思います。

 

 【日 時】平成31127日 午後6時から

 

【場 所】文京区民センター 2-B

http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/kumin/shukai/kumincenter.html 文京区本郷4-15-14/03(3814)6731

都営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分、東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5/東京メトロ南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分、JR水道橋駅東口徒歩15/都バス(都02・都02乙・上69・上60)春日駅徒歩2

 

【演 題】大嘗祭と現行占領憲法

 

【講 師】 四宮正貴四宮政治文化研究所代表

 

【司会者】林大悟

 

【参加費】資料代500円終了後、近隣で懇親会(2千円くらいの予定です)

 

【連絡先】渡邊昇 090-8770-7395

 

|

« 今の検察・警察はおかしい | トップページ | 千駄木庵日乗一月十一日 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第91回日本の心を学ぶ会:

« 今の検察・警察はおかしい | トップページ | 千駄木庵日乗一月十一日 »