« 天之御中主神は、神々や人間や一切のもの生成の根源・宇宙の中心のにゐます神 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十一日 »

2018年12月11日 (火)

オピニオン雑誌『傳統と革新』 第三十一号

3131h1_cmyk_1_2


オピニオン雑誌『傳統と革新』 第三十一号

平成三十一年一月 たちばな出版発行 四宮正貴責任編集

[特集] 天皇御譲位・皇位継承と永遠の日本

ー新しき御代を迎える意義ー

「巻頭言」御譲位・皇位継承と天皇國日本の道統            四宮正貴  

「インタビュー」

 ご譲位、そして新しい御代へ 日本の文化を継承するーその中心を担う皇室というご存在

                                  曽野綾子  

 天皇陛下ご譲位に現れる真のシンボリズムとしての「象徴」と行動で果たす機能としての「象徴」                           小堀桂一郎 

 國體を第一に重んじ、日本の伝統と文化を継承し発展させることが、真の保守主義だ 

                                  前原誠司  

今上天皇のご譲位ー学友として感じた陛下の深遠なるご尊厳      明石元紹  

「佐藤優の視点」安倍晋三首相の北方領土戦略と対米自主外交     佐藤優   

天皇陛下は、御譲位によって、御自ら戦後憲法体制を超えられるのだ  西村眞悟  

大嘗祭を考える                          茂木貞純  

日本社会存続の危機……生前譲位がもたらした問いかけ        三宅義信  

永遠の日本ー神話、皇統、大麻ー                  新田均   

天皇陛下御譲位における「先例重視の伝統と儀式」          山村明義  

皇位継承と日本国憲法                       高乗智之  

新たなる大御代に希うもの                     折本龍則  

日本と皇室 日本国民と天皇の存在                 濱田浩一郎 

「聞き書き」「ご譲位」は戦後初めて示された天皇の“ご意思” 政府はこの大御心をしっかり受け止めよ                            上杉隆   

「提言・直言」

皇位の安定的な継承に向けて国民の議論を             海江田万里    

 天皇は日本国家不可分であり、過去・現在・未来を通して、国民の心棒でもある

 北神圭朗  

 

 木村三浩 御代替わりと憲法上の矛盾、曖昧を超える一考察     木村三浩  

 「連載」

 「やまと歌の心」                       千駄木庵主人 

 「石垣島便り25」異国の地に眠れる英霊よ、安かれ。ミンタルの戦没者慰霊祭にて

                                 中尾秀一  

「憂国放談」第三回 御代替わりを前に噴出する神社本庁の不祥事   犬塚博英  

 伝統と革新バックナンバー一覧                   

 取り扱い書店様一覧                        

編集後記 

                             

定価 本體価格1000円+税。 168頁

168〒167―0053 東京都杉並区西荻南二-二〇-九 たちばな出版ビル

 たちばな出版  ☎代表03―5941―2341 FAX5941―2348

 

 

|

« 天之御中主神は、神々や人間や一切のもの生成の根源・宇宙の中心のにゐます神 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十一日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/67472588

この記事へのトラックバック一覧です: オピニオン雑誌『傳統と革新』 第三十一号:

« 天之御中主神は、神々や人間や一切のもの生成の根源・宇宙の中心のにゐます神 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十一日 »