« 千駄木庵日乗十一月二十日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月二十一日 »

2018年11月21日 (水)

靖國神社と敬神崇祖の心

 

日本民族の宗教精神の基本は敬神崇祖(神を敬い先祖を崇める心)である。そしてそれはわが國の道義精神の基本でもある。毎朝、神棚と先祖の位牌のある仏壇を拝む家庭は、家庭崩壊もないし、子供が非行に走るということも少ない。國家も同じである。國家のため民族のために命を捧げた人々に感謝の真心を捧げる國は、正しき歩みを続ける。

 

わが國は今日、政治・経済・文化・教育の頽廃と荒廃は救いがたい状況にある。日本國の細胞が腐りはじめ、溶けて流れようとしていると言っても過言ではない。このような状況になっている根本原因は、日本國および日本國民が敬神崇祖の心を喪失しつつあるからである。外國からの内政干渉を恐れて、靖國神社という國のために命を捧げた人々を祭る宮に、内閣総理大臣が参拝をとがめだてするような輩が跳梁跋扈している事、そして参拝しない内閣総理大臣がいる事にそれは端的に表われている。

 

わが國は、仏教やキリスト教などの外来宗教が入って来る前から、自然や祖先などの亡くなった人々を神として祭る信仰があった。そしてそれは、建國以来今日に至るまで、生きた民族信仰として続いて来ている。それを神社神道という。日本全國の何処かで毎日のように神社の祭礼が行なわれている。つまり、神社神道は日本伝統信仰なのである。

 

総理の靖國神社参拝に内政干渉して来る共産支那は、アジア最大の軍國主義國家であり一党独裁の専制國家である。またわが國内において総理の靖國神社参拝に反対している勢力即ち反日宗教や左翼勢力こそ、排他独善の教義や思想を持ち、宗教団体を攻撃し弾圧する危険な体質を持っている。

 

「東京裁判」の判決即ち勝った側が敗者を一方的に裁いた結論を、我々の価値観として受け入れる理由はない。靖國神社問題の根本にあるのは、「東京國際軍事裁判」で、わが國が『戦犯國』という烙印を押されたことにある。そして大東亜戦争時に政府・軍の枢要な地位にいた人々が『A級戦犯』として殺されたことにある。

 

内外の反靖國神社勢力は、「靖國神社にA級戦犯が祀られているから、総理大臣が参拝するのはけしからん」と言っている。「東京裁判」は戦勝國によるわが國への報復である。「東京裁判」には、まともな裁判権はなく、何ら國際法的根拠を持たない。当事國が裁判官になったのがそもそもおかしい。わが國が「サンフランシスコ講和条約で、東京裁判を受諾した」というのは、刑執行について問題にしないということであって,東京裁判そのものを認めたわけではない。

 

いわゆる「A級戦犯」とは、講和条約が締結されていない時期すなわち戦時における勝者による敗者への復讐である「東京國際軍事裁判」において「死刑」の宣告を受け、殺された人々である。この方々は、まさに戦争において戦死された方々なのである。靖國神社に英霊として祀られて当然である。ゆえに、いわゆる「A級戦犯」と言われる方々は、正しくは「昭和殉難者」なのである。

 

東京裁判の唯一の権威であったマッカーサーは帰國後、米上院の軍事外交委員會での演説で、『日本が戦争に入ったのは主としてセキュリティーのためであった』と言った。マッカーサーは東京裁判が日本に押した侵略國家の烙印を否定したのである。

 

「東京裁判」の判決即ち勝った側が敗者を一方的に裁いた結論を、我々の価値観として受け入れなければならい理由がどこにあるのか。

 

繰り返し言う。七人の昭和殉難者を靖國神社にお祀りするのは当然であるし、祀るかどうかは日本が決める事である。外國があれこれ文句を言うのは、まさに内政干渉であり、主権侵害である。靖國神社について、外國からとやかく言われる筋合いはない。 

 

反日・反靖國思想は、今や左翼勢力や偏向マスコミだけでなく、与党内部にまで深く浸蝕している。かかる勢力を駆逐しない限り、日本國は真っ当な國家とはならない。

 

わが國がまともな外交が出来ない根本原因は,『過去の歴史問題』にある。戦後日本は、主権に関して怯懦であり鈍感であり、売國的・土下座外交が行なわれている。その責任は政治家にある。

 

わが國がまともな外交すなわち主権を正しく守りきる対外政策が出来ない根本原因は,『過去の歴史問題』にある。総理はじめ与野党の政治家そしてマスコミが『大東亜戦争は日本の侵略であり近隣諸國に惨禍を及ぼした』と謝罪しているのだから、支那や韓國からいかなる無理難題を吹きかけられても、主権を侵害されても、内政干渉されても、わが國は毅然とした対処が出来ないのだ。

 

「わが國は侵略をした悪い國であり,支那や南北朝鮮からどんなに主権を侵害されても,内政干渉をされても,文句を言ったり反撃してはならない」という観念が蔓延している。これはまさに「現行占領憲法」の基本精神なのである。

 

「現行憲法前文」には「日本國民は…政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないやうに決意し…平和を愛する諸國民の公正と信義に信頼して,われらの安全と生存を保持しようと決意した」とある。これは「日本は東條内閣の行為によって侵略戦争を起こしましたが,二度とそのような事はしないことをお誓いします。今後はアメリカ様,ソ連様,中國様など戦勝國の皆様の公正と信義に信頼して、侵略を行なった悪い國であるわが國とわが國民の生存と安全を保持してまいります。今後は何をされても決してお手向かいを致しません」という『詫び証文』である。

 

この『わび証文』の精神を実践しているのが今日の日本の外交である。「憲法守って國滅ぶ」という言葉はまことに真実である。「現行憲法」の無効確認なくして真の主権回復はあり得ない。

 

祖國の歴史への正しい認識と國を守る心を常日頃持っていなければ道徳心は起ってこない。大東亜戦争は誇りある戦いであった事を正しく認識し、子々孫々に語り伝えなければならない。

|

« 千駄木庵日乗十一月二十日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月二十一日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/67402183

この記事へのトラックバック一覧です: 靖國神社と敬神崇祖の心:

« 千駄木庵日乗十一月二十日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月二十一日 »