« 千駄木庵日乗十一月二十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月二十七日 »

2018年11月27日 (火)

台湾の選挙結果を見て

台湾の中間選挙の結果は民進黨の惨敗となった。そして次の総統選挙で国民党が政権に復帰する可能性が大であるという。

 

第三次国共合作はもうできている。台湾軍部が未だに国民党の軍隊であるとすれば、支那軍の侵略と戦うことはない。共産支那軍の軍事侵略に「国民党の軍隊」が協力する危険さえ皆無ではない。台湾政府の官僚に国民党員が多いとすれば、台湾軍の将官クラスも国民党員がまた圧倒的に多いのではないか。共産支那の台湾侵略・併呑が成功し、台湾が中華人民共和国台湾省になる危険がある。

 

私は、台湾が民主化したら、すぐ独立すると思っていた。しかしそれは安易な考えだった。そうはならなかった。

 

台湾で問題なのは、未だに憲法が「中国製」(中華民国憲法)であり国歌も「中国製」(青天白日満地紅旗)であることである。これでは何時までたって支那の軛から脱することはできない。

 

一日も早く「中華民国体制」を打倒しなければならない。また地名も中山北路・南京東路・林森北路など大陸や国民党に由来する地名がつけられている。国名・国歌・地名などはすぐ変えられると思うだが、民進党政権下でも変えられることはなかった。

 

台湾の安全は日本の安全に直結する。台湾独立は外来者統治を終わらせ、台湾人たちが自分たちの憲法体制と法体系をもって台湾の問題を解決することである。台湾の独立とは台湾における戦後体制打倒である。日本が「講和条約」によって独立したように、台湾も完全独立を果たさねばならない。根本的には、し、台湾人の自覚と決意にかかっている。

 

|

« 千駄木庵日乗十一月二十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月二十七日 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台湾の選挙結果を見て:

« 千駄木庵日乗十一月二十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月二十七日 »