« 千駄木庵日乗十一月六日 | トップページ | 萬葉古代史研究會 のお知らせ »

2018年11月 7日 (水)

昭和天皇御製に学ぶ 

わが國は、天皇を中心として発展し統一を保ってきた國である。日本は、天皇中心の國體を護持しさらにその本当の姿を顕してこそ、正しく発展していく事が出来る。昭和の歴史だけでなく、元冦や明治維新など、これまで幾度か起った大きな國難の歴史を見てもそれは明らかである。日本國民は、昭和天皇の御遺徳を偲び、且つ、昭和の光輝ある歴史を回顧し、さらには、皇室を中心とするわが國の歴史と傳統に回帰するべきである。

 

つねにご自分を無にして、國の安泰・民の幸福・五穀の豊穣を神に祈られる祭主・日本天皇は、権力や武力で國家・國民を支配と従はせるという覇者ではあらせられず、祭祀主としての信仰的権威と御徳によって國民をしろしめしてこられた。

 

戦後日本は、戦勝國の「日本つぶし」の嵐の中にあっても、たくましく生き抜き、経済復興を立派に遂げてきた。この戦後日本復興の原動力は、つねに日本國民の幸福を願はれてきた昭和天皇の大御心である。そして、天皇を仰慕し、戦前・戦中を生きぬいて来られた多くの先人・先輩の方たちの血と汗のにじむご努力を私たちは忘れてはならない。

 

日本国民は、昭和天皇の御遺徳を偲び、且つ、昭和の光輝ある歴史を回顧し、さらには、皇室を中心とするわが国の歴史と伝統に回帰するべきであると思います。

 

わが国は大東亜戦争という正義の戦いに敗北した後、戦勝国によって日本弱体化政策が行なわれました。戦後七十年以上を経過して、その日本弱体化政策が、花開き、実を結んでいる状況を呈しているのが今日の日本の体たらくなのです。これを何とかしなければ日本は滅びます。すでに神代以来の道義国家・神聖国家日本は滅びつつあると言わなければなりません。

 

戦後日本は、戦勝国の「日本つぶし」の嵐の中にあっても、たくましくそしてしたたかに生き抜き、経済復興を立派に遂げてきました。この戦後日本復興の原動力は、つねに日本国民の幸福を願われてきた昭和天皇の大御心であります。そして、戦前・戦中を生きぬいて来られた多くの先人・先輩の方たちの血と汗のにじむご努力をお蔭です。このことを私たちは忘れてはなりません。今日、日本国が存在し、日本民族が生きているのは、実に昭和天皇の仁慈の大御心によるのであります。

 

 昭和天皇は、大東亜戦争末期、広島と長崎に原爆が投下され、ソ連が参戦し、愈々以って本土決戦しか戦う道がなくなった時、「自分の身はどうなってもいい。ただ民を救いたい」との大御心から、決然として『ポツダム宣言』受諾の御聖断を下されたのであります。あのまま戦争を続けていたなら、本土が戦場となり、わが国土は文字通り焦土と化し、大多数の日本国民が死に絶えたでありましょう。それを救われたのが昭和天皇なのです。この尊い事実を我々日本国民は永遠に忘れてはならないと思います。 その時の尊いご心境を昭和天皇様は次のやうに歌われてゐます。

 

爆撃にたおれゆく民の上をおもひいくさとめけり身はいかならむとも

 

身はいかになるともいくさとどめけりただたおれゆく民をおもひて

 

国がらをただまもらんといばら道すすみゆくともいくさとめけり

 

 昭和天皇は、国のため民のためならご自身はどうなってもいい、といふまさに神のごとき無私・捨身無我のご心境で戦争終結をご決断あそばされたのです。ここに、つねに国の安泰・民の幸福・五穀の豊穣を神に祈られる祭主・日本天皇の現御神としての御本質を仰ぐ事ができます。マッカーサーとのご会見において、この捨身無我の神のごとき大御心が発現したのです。

 

 さらに大事なのは、「国がらをただまもらんと」と歌はれていることです。わが国は、ただ単に領土と国民と主権さえあればいいといふ、普通一般の国家ではないのです。日本独自の国柄すなわち、神代以来・建国以来の天皇を中心とする國體というものが正しく継承されていなければ日本国とは言えないのである。国柄を守ること無くして真の日本国の存続はあり得ないのです。

 

夜久正雄氏は、「天皇様は『国がら』を守りぬかれたのである。この天皇様のお心にしたがふことが、国民の側からの『国柄』である。天皇さまが国民のうへを思ひくださるお心をあふいで感奮する、その心の中に、日本の国の国がらがあるのである。」(『歌人・今上天皇』)と論じてゐます。

 

たしかに領土も国民も主権も大切である。しかし、日本のやうに三千年の伝統を有する国は、その長い歴史と伝統と文化の核であるところの国柄・國體というものが破壊されてしまったら、たとへ領土と国民と主権が維持されても、日本は日本でなくなるのです。

 

 昭和天皇が「国柄をまもらん」とお歌ひになったのは、このかけがへのない日本国の國體が護持するために、たとへどのような苦難があらうとも茨の道を進んでいくとのご決意を示されたものと拝します。

 

「国柄を守る」とは、昭和天皇御一身の地位の安泰を意味するのでは全くないことは、「いばら道すすみゆくとも」と歌はれていることで明白です。昭和天皇は、ご自分が戦犯として処罰されても、天皇を君主と仰ぐ国柄・國體が護持されればよい、とのご信念で終戦を決意されのである。有難き限りである。

 

|

« 千駄木庵日乗十一月六日 | トップページ | 萬葉古代史研究會 のお知らせ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/67354569

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和天皇御製に学ぶ :

« 千駄木庵日乗十一月六日 | トップページ | 萬葉古代史研究會 のお知らせ »