« 三島由紀夫氏の武士道と散華の美 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十二日 »

2018年11月12日 (月)

第九十回日本の心を学ぶ会のお知らせ

 

 

第九十回日本の心を学ぶ会

 

三島由紀夫と楯の会事件を考える

 

第九十回の勉強会は三島由紀夫が蹶起した十一月二十五日に開催いたします。

四十八年前の昭和四十五年十一月二十五日に三島由紀夫氏は楯の会会員四名と共に東京市ヶ谷の陸上自衛隊東部方面総監部において総監を人質にとり約千名の自衛隊員の前で「憲法を改正し天皇を中心とする建国の本義に基づいた真の国軍になるべく蹶起せよ」と演説を行い、楯の会会員一名と共に割腹自殺を遂げました。

 

事件そのものは約一時間二十分という短い時間だったにも関わらずこの事件は政治的にも社会的にも大きな衝撃と影響を与えました。

 

政界やマスコミは一様に三島氏の行動を、狂気であり軍国主義の復活を目指すものであり、民主主義の危機であるという否定的な反応であふれました。平和主義や民主主義など戦後日本の基盤となるような価値観を再確認せざるを得なかったところにこの事件の衝撃性があったといえましょう。

 

つまり三島氏は蹶起をつうじて戦後日本の自明とする価値観へ根源的な疑問を突き付けたといえます。三島は「檄文」の中で國體、憲法、国防など重要な問題について真正面から問いかけております

 

これらの「問いかけ」は、蹶起以来四十八年を経過した今日、ますます深刻な問題として我々に突き付けられています。憲法改正、自主国防体制の確立、そして何よりも日本國體の眞姿の回復という所謂国家基本問題は何一つ根本的に解決してはおりません。

 

今年最後の勉強会では「楯の会」の蹶起について考えてみたいと思います。

 

【日時】平成301125日 午後6時から

 

【場 所】文京区民センター 2-B

http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/kumin/shukai/kumincenter.html

都営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分、東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5

東京メトロ南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分、JR水道橋駅東口徒歩15

都バス(都02・都02乙・上69・上60)春日駅徒歩2

 

【演題】三島由紀夫氏義挙の精神と現代の日本

 

【講師】 四宮正貴 四宮政治文化研究所代表

 

【司会者】林大悟

 

【参加費】資料代500円終了後、近隣で懇親会(2千円くらいの予定です)

 

【連絡先】渡邊昇 090-8770-7395

|

« 三島由紀夫氏の武士道と散華の美 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十二日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/67373290

この記事へのトラックバック一覧です: 第九十回日本の心を学ぶ会のお知らせ:

« 三島由紀夫氏の武士道と散華の美 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十二日 »