« 千駄木庵日乗十月七日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月八日 »

2018年10月 8日 (月)

古代日本の太陽信仰と檜原神社

 

日本最古の道と言われる「山の辺の道」を、大神(おほみわ)神社から三輪山の麓の麗しい景色を眺めつつ北へ歩み行くと、檜原神社(ひばらじんじゃ)に至る。この神社は、崇神天皇の御代、宮中よりはじめて、天照大御神のご神靈を、豊鍬入姫命(とよすきいりひめのみこと)に託されてお遷しになり、「磯城神籬(しきひもろぎ)」を立ててお祀りされた「倭笠縫邑(やまとかさぬいのむら)」に比定される地に建てられている。

 

天照大御神が、伊勢の地にお遷りになった後も、「倭笠縫邑」は「元伊勢(もといせ)」として今日まで尊ばれてきてゐる。

 

神域には、明治天皇第七皇女・北白川宮房子内親王(北白川宮成久王妃)の御歌碑(昭和四十年建立)がある。

 

「檜原神社旧蹟をおろがみまつりし折よめる

立つ石に 昔をしのび をろがめば 神のみいつの いやちこにして」

 

と刻まれてゐる。

 

伊勢皇大神宮祭主・神社本庁総裁をつとめられた北白川宮房子内親王は、初めて天照大御神が皇居から移されて祀られた宮跡と伝えられる檜原神社に参拝され、天照大御神の赫々たる御神威を実感されたのであろう。

 

檜原は日原とも言はれたといふから、太陽信仰の地であったと思はれる。古代の人々は、大和盆地の東方にあり神宿る美しき山である三輪山の後方から昇り来る日の大神を、倭笠縫邑で拝んだのであろう。

 

檜原神社から西方を眺めると、すぐ下に倭迹迹日百襲姫命大市墓(やまとととひももそひめのみことおおいちのはかか・箸墓古墳)が見える。やや左手方向に大和三山、そして眼前に広がる大和盆地を越えて真向かひに二上山が眺められる。何ともいへぬ神秘的な景色である。

 

三輪山の日の出と二上山の日没は、大和の國の「日の神信仰・太陽信仰」の原点であろう。

 

太古の人々は神聖なる山と仰がれた三輪山と二上山の間を渡る太陽を、日の神の去来と信じた。そして二上山の背後に沈んだ太陽は再び東方の三輪山の背後から出現するように、三輪山から昇る日の神は永遠不滅の存在であり、人の命もまた永遠であると信じた。

 

大和盆地の西方の二上山に葬った死者の霊は必ず蘇ると信じた。二上山は二つの峰を持ち大津皇子の墓所がある。大和盆地に昇った太陽が二上山の二つの峰の中間に沈むことから、他界の入り口と信じられた。この信仰が、西方極楽浄土信仰と融合した。

 

麓に西方極楽浄土の様子を表はした「当麻曼荼羅」があり日本の浄土信仰発祥の寺とされる當麻寺がある。

 

三輪山・檜原神社・箸墓・二上山は一直線で結ばれてをり、春分・秋分の日にはその上を太陽が通るといふ。

 

すなわち、檜原神社がある倭笠縫邑は、大和地方の太陽信仰・天照大御神信仰の中心地であり、発祥の地と言っていいと思う

 

春分・秋分の日は、三輪山を中心にして、真東に七〇キロ行ったところの伊勢の斎宮、真西に八〇キロ行ったところの淡路島北淡町の伊勢の森をまっすぐに結ぶ「太陽の道」と呼ばれる「北緯三四度三二分」の線がある。この線上に太陽崇拝および山岳信仰と何らかのつながりがある古代祭祀遺跡が並んでいるといふ。

 

「三輪の檜原」と呼ばれる地で詠まれた歌は、『萬葉集』に数多く収められ、柿本人麿の育った地とも言はれてゐる。「柿本人麿歌集」には次のやうに歌がある。

 

鳴る神の 音(おと)のみ聞きし 巻(まき)(むく)の 檜原の山を 今日見つ

るかも                  (一〇九二)

 

()(もろ)つく 三輪山見れば 隠(こもり)()の 泊瀬の檜原 思ほゆる

かも                   (一〇九五)

 

いにしへに ありけむ人も 我がごとか 三輪の檜原に 挿頭(かざし)折りけむ            (一一一八)

 

大和国中を一望するこの地には何回か訪れているが、日本人の「魂の故郷」に帰って来た心地がする。「まほろば」と呼ばれる通り、筆舌に尽くし難い穏やかにして美しい景色である。これほど美しくのどかで、しかも日本国生成の歴史を伝える地は他にないのではないだろうか。

|

« 千駄木庵日乗十月七日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月八日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/67250655

この記事へのトラックバック一覧です: 古代日本の太陽信仰と檜原神社:

« 千駄木庵日乗十月七日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月八日 »