« 近代日本における日本人の誇るべき「國民的気概」 | トップページ | 無私なる天皇が国家の中心にいますことが国家の安定と道義性の基である »

2018年10月26日 (金)

千駄木庵日乗十月二十六日

午前は、諸事。

 

午前十一時半より、日暮里のホテルラングヴッドにて、『呉竹会幹事・評議員会』開催。頭山興助氏がスピーチ。小生が「来島恒喜氏と条約改正運動」について講話。

 

この後、出席者全員で、谷中霊園の来島恒喜氏墓所参拝。

3010181026_135301

 

帰宅後は、明後日開かれる『日本の心を学ぶ会』における講演の準備、原稿執筆など。

|

« 近代日本における日本人の誇るべき「國民的気概」 | トップページ | 無私なる天皇が国家の中心にいますことが国家の安定と道義性の基である »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/67315906

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月二十六日:

« 近代日本における日本人の誇るべき「國民的気概」 | トップページ | 無私なる天皇が国家の中心にいますことが国家の安定と道義性の基である »