« 「山河を亡ぼすなかれ」とは「國體を亡ぼすなかれ」と同義である | トップページ | 六月十一日に開催された「平成の大演説会」における登壇者の講演内容 »

2018年10月22日 (月)

千駄木庵日乗十月二十一日

午前は、諸事。

 

午後二時より、崎門学研究会・大アジア研究会主催『龍光寺・染井霊園を巡り日本思想を考える』ツアーに参加。龍光寺(東京都文京区本駒込)に集合。龍光寺に眠る山崎闇斎を祖とする崎門学派の鵜飼錬齋、三宅観瀾、栗山潜鋒三氏の墓所に拝礼。続いて豊島区駒込の染井霊園に移動。陸羯南(くが・かつなん)、岡倉天心、安岡正篤三氏の墓所拝礼。病身の小生を気遣って下さった坪内隆彦・折本龍則両氏などのお世話に感謝する。

181021_142401

鵜飼錬齋、三宅観瀾、栗山潜鋒三氏の墓所

Photo

岡倉天心墓所

181021_161901

陸羯南氏墓所

181021_163301

安岡正篤氏墓所

帰宅後は、暫く休息。原稿執筆など。

|

« 「山河を亡ぼすなかれ」とは「國體を亡ぼすなかれ」と同義である | トップページ | 六月十一日に開催された「平成の大演説会」における登壇者の講演内容 »