« 六月十一日に開催された「平成の大演説会」における冨澤暉第二三代陸上幕僚長、偕行社理事長の講演内容 | トップページ | 中皇命(なかつすめらみこと)の御歌に歌はれた「むすび」信仰 »

2018年10月23日 (火)

千駄木庵日乗十月二十三日

午前は、諸事。

 

午後十二時半より、神田学士会館にて、公益社団法人 日本弘道会主催『弘道シンポジウム2018ー「日本の皇室を考える」-天皇陛下の御退位を目前にして』開催。小堀桂一郎氏(東京大学名誉教授)が基調講演。所功氏(京都産業大学名誉教授)古川隆久氏(日本大学教授)八木 秀次氏(麗澤大学教授)がパネリスト、土田健次郎氏が(早稲田大学教授、本会副会長)となり、シンポジウムが行われた。

 

帰宅後は、原稿執筆、『政治文化情報発送準備。

|

« 六月十一日に開催された「平成の大演説会」における冨澤暉第二三代陸上幕僚長、偕行社理事長の講演内容 | トップページ | 中皇命(なかつすめらみこと)の御歌に歌はれた「むすび」信仰 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/67306029

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月二十三日:

« 六月十一日に開催された「平成の大演説会」における冨澤暉第二三代陸上幕僚長、偕行社理事長の講演内容 | トップページ | 中皇命(なかつすめらみこと)の御歌に歌はれた「むすび」信仰 »