« 萬葉古代史研究會 のお知らせ | トップページ | 千駄木庵日乗十月二十五日 »

2018年10月25日 (木)

第89回日本の心を学ぶ会のお知らせ

89回日本の心を学ぶ会

 

日本的ナショナリズムを考える

 

 ナショナリズムとは国家主義や国民主義あるいは民族主義と翻訳されています。しかしこれらの言葉はナショナリズムの一つの側面しか表わしていないように思えます。

 

ナショナリズムとは多義的な概念であり、それぞれの国や民族によって意味するものがいくばくか違うようにも見えます。さらにいえば、ナショナリズムは人間が自然に覚える郷土愛とは厳然として区別されており、「故郷」とはそのままに「祖国」ではないということです。

 

つまりナショナリズムとは歴史のある段階において成立した精神であるといえます。

 

わが国においてナショナリズムは明治維新以降において成立したものといわれております。

 

しかしナショナリズムの源流となる「尊皇精神」や「神国思想」は近代のはるか以前から存在し、歴史のなかで継承されてきました。蒙古襲来やペリー来航など国難がおとづれるたびにこれらの精神が勃興し国難を乗り越えてきました。

明治維新から150年経過した今日の日本も外国の脅威にさらされ、国内には課題を多く抱えております、このような中で日本的ナショナリズムを考えることは無駄ではないと思われます。

 

今回の勉強会では日本的ナショナリズムについて考えてみたいと思います。

 

【日時】平成301028日 午後6時から

 

【場 所】文京区民センター 2-B

http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/kumin/shukai/kumincenter.html

都営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分、東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5

東京メトロ南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分、JR水道橋駅東口徒歩15

都バス(都02・都02乙・上69・上60)春日駅徒歩2

 

【講 演】尊王攘夷の精神とナショナリズムー明治維新に学ぶ

 

【講師】 四宮正貴氏 四宮政治文化研究所代表

 

【司会者】林大悟

 

【参加費】資料代500円終了後、近隣で懇親会(2千円くらいの予定です)

 

【連絡先】渡邊昇 090-8770-7395

           〇

この告知文は主催者が作成しました。

|

« 萬葉古代史研究會 のお知らせ | トップページ | 千駄木庵日乗十月二十五日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/67309411

この記事へのトラックバック一覧です: 第89回日本の心を学ぶ会のお知らせ:

« 萬葉古代史研究會 のお知らせ | トップページ | 千駄木庵日乗十月二十五日 »