« 千駄木庵日乗九月十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十八日 »

2018年9月18日 (火)

この頃詠みし歌

息切れし歩むことさへままならぬ疲れし我をあはれみたまへ

 

胸苦しさに耐え難くして医者に行けば直ちに入院と告げられにけり

 

すぐにしも入院せよとの御託宣受けて赴く日本医大病院

 

あと三十年は健やかに生きんと思ひゐしに七十一歳にして入院をせり

 

七十歳を超えて初めて入院す まだまだ先の事と思ひゐしに

 

肥満せしわが体より水が出て六・五キロ痩せにけるかも

 

どんどんと体内の水分を絞り出し身は軽くなり息切れも止む

 

六・五キロ痩せたる顔を鏡に見れば以前とさして変はらざりけり

 

看護師さんは皆美人にぞ見えにけりマスクで半分隠されし顔

 

病室の窓よりの眺めも飽きたれば何とも退屈な入院の日々

 

医師の言ふことに素直に従ひ二週間わが身労はり退院をせり

 

わが病ひ早く癒したまへとぞ神にぞ祈る朝に夕べに

 

古きみ社に参り来りてわが病ひ癒やしめたまへと祈りまつれり

 

与へられしわれの命を大切に生きてゆかなむこれからの日々

|

« 千駄木庵日乗九月十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十八日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/67179902

この記事へのトラックバック一覧です: この頃詠みし歌:

« 千駄木庵日乗九月十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月十八日 »