« この頃詠みし歌 | トップページ | 千駄木庵日乗八月一日 »

2018年8月 1日 (水)

日本の平和・安全・独立を内側から脅かしている勢力を一掃すべきである。

旧社会党・共産党は、根源的には北朝鮮と同根の政治集団である。共産党は、昭和四十年代前半くらいまで、北朝鮮を理想国家のように宣伝していた。共産党の後、当時の社会党が北朝鮮の友好関係となった。そして拉致問題などの防止や捜査を妨害して来た。立憲民主党には旧社会党の残存分子がいる。

 

とりわけ日本共産党は、あろうことか長い間、「朝鮮戦争はアメリカの侵略だった」という嘘八百を並べ立ててゐた。

 

『日本共産党の四十五年』という書物(昭和四五年八月二五日・日本共産党中央委員會出版局発行)には「アメリカ帝國主義は、(一九五○年)六月二十五日、わが國を前進基地として朝鮮への侵略戦争をはじめました」と書いている。

 

日本共産党は、わが國における最初にして最大の北朝鮮軍事独裁政権支援組織だったのである。また、日本共産党は戦後一貫して、朝鮮労働党の日本における窓口であった。そして朝鮮戦争の時は、日本国内で軍事闘争・暴力革命闘争を行って北朝鮮を支援した。

 

また、「在日朝鮮人の祖國帰還運動」にも積極的に協力した。日本共産党と北朝鮮は昭和三十四年、在日朝鮮人の北朝鮮への「集団帰還事業」をわが國政府に働きかけ實現させた。これによって、約九万八千人の在日朝鮮人(約七千人の日本人を含む)が北に永住帰國した。

 

こういう連中が、沖縄基地や、自主防衛強化に反対するのは、決して「平和」を望んでいるからではない。北朝鮮・そして共産支那の日本侵略を支持し期待しているからなのである。日本の平和・安全・独立を内側から脅かしている勢力を一掃すべきである。

|

« この頃詠みし歌 | トップページ | 千駄木庵日乗八月一日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/67008661

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の平和・安全・独立を内側から脅かしている勢力を一掃すべきである。:

« この頃詠みし歌 | トップページ | 千駄木庵日乗八月一日 »