« 萬葉古代史研究會 | トップページ | 千駄木庵日乗八月二十日 »

2018年8月20日 (月)

第87回日本の心を学ぶ会

87回日本の心を学ぶ会

 

大東亜戦争の意義を考える

 

今年、平成30年は大東亜戦争の終戦七十三周年にあたります。

 

終戦から七十三年という長い時間が経過してもなお、一部の反日国家との歴史認識をめぐる争いや、憲法・国防・教育・政教問題など、わが国の国家基本問題で混迷が続いている根本原因は、戦後における戦勝国の日本弱体化政策とそれに伴う左翼革命勢力の国家破壊策謀にあります。

 

大東亜戦争について学ぶことは過去の歴史を学ぶことと同時に、現在の問題を考えることといえるでしょう。

 

しかし現在の日本は大東亜戦争とその意義について正しい理解がなされているとは到底言えません。

 

「大東亜戦争は日本による一方的な侵略戦争でありアジア諸国に甚大な災厄をもたらした」「近代日本は侵略の歴史だった」という歴史認識は教育現場や偏向マスコミによって宣伝されております。このような「東京裁判史観」はアメリカの謀略工作によって刷り込まれた「虚構」であり「物語」であります。そしてこの「虚構」「物語」は現在、「河野・村山談話」として我が国の「国是」になっております。これでは我が国は混迷と弱体化を克服するどころか、亡国の道を歩み続けることとなるでしょう。

 

今回の勉強会では「東京裁判史観」を克服するため大東亜戦争とその意義、すなわち我が国がなにゆえ大東亜戦争を戦わねばならなかったのか、そしてこの戦争は何をもたらしたのかを考えてみたいと思います。

(今回は文京区民センターでの開催になります。ご注意ください。)

 

【日時】平成30826日 午後6時から

 

【場 所】文京区民センター 2-C会議室

http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/kumin/shukai/kumincenter.html

都営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分、東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5分東京メトロ南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分、JR水道橋駅東口徒歩15分都バス(都02・都02乙・上69・上60)春日駅徒歩2

 

【演題】昭和天皇と大東亜戦争

 

 

【講師】 四宮正貴氏 四宮政治文化研究所代表

 

【司会者】林大悟

 

【参加費】資料代500円終了後、近隣で懇親会(2千円くらいの予定です)

 

【連絡先】渡邊昇 090-8770-7395

 

             〇

この告知文は主催者が作成しました。

|

« 萬葉古代史研究會 | トップページ | 千駄木庵日乗八月二十日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/67076569

この記事へのトラックバック一覧です: 第87回日本の心を学ぶ会:

« 萬葉古代史研究會 | トップページ | 千駄木庵日乗八月二十日 »