« 山上憶良・大伴家持の「ますらをぶり」の歌 | トップページ | 孝明天皇の天津日嗣の御稜威が明治維新の原基である »

2018年7月 3日 (火)

千駄木庵日乗七月三日

午前は、諸事。

昼は、若き友人と懇談。中河与一氏のことなどを語らう。

午後は、『政治文化情報』の原稿執筆。

午後六時半より、春日の文京シビックセンターにて。『國體政治研究会』開催。黒田秀高伏見稲荷大社正禰宜が「明治維新から第二維新へ」と題して講演。質疑応答。

帰宅後は、原稿執筆など。

|

« 山上憶良・大伴家持の「ますらをぶり」の歌 | トップページ | 孝明天皇の天津日嗣の御稜威が明治維新の原基である »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/66898382

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗七月三日:

« 山上憶良・大伴家持の「ますらをぶり」の歌 | トップページ | 孝明天皇の天津日嗣の御稜威が明治維新の原基である »