« 「神への回帰」「自然への畏敬」という精神性を重視した世界観・文明観を確立することが大切である | トップページ | 「現行憲法」によるわが國の建國以来の麗しい國柄の隠蔽が、道義の頽廃を招いている »

2018年7月 8日 (日)

千駄木庵日乗七月七日

午前は、諸事。

午後二時より、内幸町の日本プレスセンターにて、『アジア問題懇話会』開催。渡辺剛杏林大学教授が、「中国のシャープパワーに揺れる台湾民意」と題して講演。質疑応答。

帰途、出席していた永年の友人と懇談。

帰宅後は、『伝統と革新』編集の仕事。原稿執筆など。

|

« 「神への回帰」「自然への畏敬」という精神性を重視した世界観・文明観を確立することが大切である | トップページ | 「現行憲法」によるわが國の建國以来の麗しい國柄の隠蔽が、道義の頽廃を招いている »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/66913783

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗七月七日:

« 「神への回帰」「自然への畏敬」という精神性を重視した世界観・文明観を確立することが大切である | トップページ | 「現行憲法」によるわが國の建國以来の麗しい國柄の隠蔽が、道義の頽廃を招いている »