« 『笹川平和財団主催 フォーラム・中国の対外戦略―「新時代」の意味するもの』における登壇者の発言 | トップページ | 防人の心 »

2018年7月 1日 (日)

千駄木庵日乗六月三十日

朝は、諸事。

 

午前十一時半より、横浜市中区のナビオス横浜にて、『安岡教学研究会設立二十周年の集い』開催。松田康司氏が司会。国歌斉唱。村山實会長が挨拶。伊藤哲夫日本政策研究センター代表が祝辞を述べた。そして小生が乾杯の音頭を取り、盛宴に移った。

180630_113601

挨拶する村山實会長

180630_112002

久しぶりの横浜

一旦帰宅。原稿執筆。

 

午後六時より、神田学士会館にて、『憲法懇話会』開催。高乗智之松陰大学教授が司会。村松伸治東京文化大学教授が「皇室経済法について」と題して報告。討論。続いて高乗智之松陰大学准教授が三潴信吾氏著「『日本憲法要論』を読む」と題して報告。討論。

 

帰宅後は、原稿執筆。

|

« 『笹川平和財団主催 フォーラム・中国の対外戦略―「新時代」の意味するもの』における登壇者の発言 | トップページ | 防人の心 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/66887548

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗六月三十日:

« 『笹川平和財団主催 フォーラム・中国の対外戦略―「新時代」の意味するもの』における登壇者の発言 | トップページ | 防人の心 »