« 矢坂明夫産経新聞外信部次長による「中国習近平『皇帝』の野望にどう対応するか―台湾問題を含めて」と題する講演内容 | トップページ | この頃詠みし歌。 »

2018年5月30日 (水)

千駄木庵日乗五月三十日

午前は、諸事。

午後一時半より、内幸町の日本プレスセンターにて、『新聞通信調査会講演会』開催。水本達也時事通信外信部編集委員が「米朝会談の行方」と題して講演。質疑応答。

お茶の水の茶房にて読書。

午後五時より、水道橋にて、永年同志三氏と懇談・意見交換。酒量がそれぞれ違うため流れ解散。長崎県五島及び福島県會津出身の同志が元気なので嬉しかった。

帰宅後は、原稿執筆。

|

« 矢坂明夫産経新聞外信部次長による「中国習近平『皇帝』の野望にどう対応するか―台湾問題を含めて」と題する講演内容 | トップページ | この頃詠みし歌。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/66777381

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗五月三十日:

« 矢坂明夫産経新聞外信部次長による「中国習近平『皇帝』の野望にどう対応するか―台湾問題を含めて」と題する講演内容 | トップページ | この頃詠みし歌。 »