« 天之御中主神は〈一即多・多即一〉の神であり最高の根源神であるとともに萬物・萬生包容の神 | トップページ | 日本の伝統には女性蔑視の思想はない »

2018年5月21日 (月)

千駄木庵日乗五月二十日

朝は、諸事。

午前十時より、九段の靖国神社にて、『全国有志大連合第三十六回東京大会』開催。靖国神社正式参拝、靖国会館偕行の間にて、国民儀礼、渡邊東陽全国有志大連合会長挨拶、小生による実行委員長挨拶、そして蜷川正大・沼山光洋両氏が来賓挨拶。竹内恒夫氏が事務局報告を行った。この後、三澤浩一氏が「大楠公讃仰」と題して講演。続いて議事に入り、質疑応答、決議文朗読などが行われた。そして懇親会が行われた。

帰宅後は、原稿執筆など。

|

« 天之御中主神は〈一即多・多即一〉の神であり最高の根源神であるとともに萬物・萬生包容の神 | トップページ | 日本の伝統には女性蔑視の思想はない »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/66742310

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗五月二十日:

« 天之御中主神は〈一即多・多即一〉の神であり最高の根源神であるとともに萬物・萬生包容の神 | トップページ | 日本の伝統には女性蔑視の思想はない »