« 千駄木庵日乗四月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月十七日 »

2018年4月17日 (火)

野党連立政権の樹立は、まさに亡国への道である

モリカケ問題などで、立憲民主・民進・希望・共産・社民などの野党そして朝日新聞・テレビ朝日などのメディアによる、安倍総理と昭恵夫人そして自民党政権に対する批判が熾烈を極めている。そして、南北朝鮮の融和、共産支那と北朝鮮の連携の復活が、日本に対する重大な脅威になっている。文字通り、内憂外患交々来たるという状況である。

 

内憂と云っても、モリカケ問題や一部高級官僚の言行は、日本という國家を屋台骨を揺るがすような問題ではない。共産支那・南北朝鮮などの独裁者・権力階層がやっていることと較べれば、これほど大騒ぎするようなことではない。

 

一方、外患の方は、日本という国の安全と平和を根底から脅かす。日本を取り巻く情勢は危険極まりない。支那と南北朝鮮、そして、ロシアが一致して反日攻勢を強めて来たら、日本国はどうなるのか。

 

共産支那はアジアのおける軍事的覇権とアジア支配体制確立のために対外膨張を激しくさせている。南北朝鮮の融和が本格化すれば、核兵器を持つ反日国家が出現するのである。共産支那と南北朝鮮が結束して日本の軍事的政治的圧迫を加えてくる危険がある。そしてそれにロシアが協力するという構図ができあがる。

 

この間まで一緒の党(民主党)だった連中が三分裂したばかりなのに、そのうちの二つがまたまた一緒になろうとしている。さらに、立憲民主の中には、共産社民と同じ思想を持つ輩が多数いる。

 

社民・共産そして立憲民主左派は、旧ソ連、共産支那・北朝鮮と同根の共産革命勢力である。彼らは、自由民主体制の日本を破壊して、日本を支那・ロシア・南北朝鮮の属国にしようとしているのである。そのために安倍糾弾・自民党政権打倒運動をしているのだ。希望・民進・立憲民主・共産・社民の連立政権が出来たら、日本の国防・安全保障が根底から揺らぐ。そして日本は文字通り亡国の道を歩む。

 

今、安倍自民党政権を打倒せんとして非難攻撃している野党に政権を任せたら、この国家的危機を打開することはできない。それどころか、野党連立政権の樹立は、まさに亡国への道である。

|

« 千駄木庵日乗四月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月十七日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/66619365

この記事へのトラックバック一覧です: 野党連立政権の樹立は、まさに亡国への道である:

« 千駄木庵日乗四月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月十七日 »