« 今日思ったこと | トップページ | 「旧来の陋習」と「伝統」とは全く異なる。 »

2018年4月 6日 (金)

偏向メディアや亡国野党は反権力を装っているが、彼らこそ横暴なる権力者であり営利至上主義者である。

何時も思っていることだが、要するに新聞雑誌テレビは、商業であり、営利事業なのである。雑誌新聞の売り上げ増加、テレビ視聴率の向上が目的なのである。だから、ある事ない事センセーショナルに報道するのである。しかも私が許せないのは、営利目的なのに、正義の味方面していることである。朝日新聞・テレビ朝日の反自民、反日姿勢も営業政策である。

 

偏向マスコミは、自民党政権を何としても打倒するべくキャンペーンを張っている。立憲民主党左派・社民党・共産党は、反日政党である。歴史と伝統の國日本を破壊することが彼等の最終目的である。

 

こうした状況にあって、わが日本は益々劣化していく。行き着く果ては亡国である。日本が滅びた方かいいと思っている連中が、今や最大の権力となっているメディアを牛耳っている。

 

サヨク政党は、そういうメディアと連携して、権力を握ろうとしているのである。今の自民党と野党連立政権とどちらがマシか、誰が考えても明らかである。偏向メディアや亡国野党は反権力を装っているが、彼らこそ横暴なる権力者である。

 

|

« 今日思ったこと | トップページ | 「旧来の陋習」と「伝統」とは全く異なる。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/66580873

この記事へのトラックバック一覧です: 偏向メディアや亡国野党は反権力を装っているが、彼らこそ横暴なる権力者であり営利至上主義者である。:

« 今日思ったこと | トップページ | 「旧来の陋習」と「伝統」とは全く異なる。 »