« 千駄木庵日乗四月九日 | トップページ | 「第八十三回 日本の心を学ぶ会」のお知らせ »

2018年4月 9日 (月)

この頃詠みし歌

兄と叔父を殺せし男宗主国に行きて愛想を振りまきてゐる

 

我が髪を整へてくれる理髪師が我と同年であれば親しも

 

新芽吹く銀杏の巨木を仰ぎつつ我の命も燃え立たんとす

 

白き花瓶に白き薔薇あり春の朝

 

独善と自尊の心とは違ふぞと繰り返し自らに言ひ聞かせゐる

 

後水尾帝の力強き宸翰を拝しつつ朝廷圧迫の幕府を厭ふ(『寛永の雅 江戸の宮廷文化戸遠州・仁清・探幽』展参観)

 

忍の一字は強き御意志の発露なり 後水尾帝の宸翰謹しみて拝す()

 

ベートーベンの曲に励まされ掃除する春の朝(あした)の爽やかさかな

 

次第々々に新緑の葉が大きくなる銀杏の街路樹の命尊し

 

うら若き乙女が運び来たりけるうどんを食せば心楽しき

 

四月といふ明るき季節に今日もまた街を歩けば心楽しき

 

もっと父と語らひの時を持てば良かりしと思へど詮無し逝きたまひければ

 

咲き満ちし桜の花も散り果ててまた来年も咲き盛るを待つ

 

この国の季節の移りの美しさ春は桜木秋は紅葉

 

明るくも楽しく生きたまひしわが母を思ひ出すなり思ひ出すなり

 

懐かしき母の面影今日もまた浮かび来たりて悲しみの増す

 

新緑がややに増え来し春四月我も新たなる命を生きむ

 

明日もまた仕事に精出し過ごさむと思ひて寝床に入り行くなり

 

散り果てし桜の樹には若葉萌え命を誇るごとくに光る

|

« 千駄木庵日乗四月九日 | トップページ | 「第八十三回 日本の心を学ぶ会」のお知らせ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/66593793

この記事へのトラックバック一覧です: この頃詠みし歌:

« 千駄木庵日乗四月九日 | トップページ | 「第八十三回 日本の心を学ぶ会」のお知らせ »