« 國體精神を恢弘してわが國の革新と再生を実現すべし | トップページ | 〈日本の伝統信仰・天皇の祭祀〉が今日の混迷を打開する »

2018年3月10日 (土)

千駄木庵日乗三月九日

朝は、諸事。

 

午前十一時より、小日向の拓殖大学後藤新平・新渡戸稲造記念講堂において、『故 小田村四郎先生告別式』執行。黙祷が行われた後、福田勝幸拓殖大学理事長、徳川康久靖国神社前宮司、李登輝元台湾総統(代読)が弔辞を述べた。喪主の小田村芳忠氏が謝辞を述べた。そして参列者全員が献花を行った。拓殖大学関係者のほか、実に多くの真正保守の論客、運動者が参集した。

 

帰途、大手町で、参列した同志と懇談。

 

帰宅後は、『政治文化情報』原稿執筆など。

|

« 國體精神を恢弘してわが國の革新と再生を実現すべし | トップページ | 〈日本の伝統信仰・天皇の祭祀〉が今日の混迷を打開する »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/66478625

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗三月九日:

« 國體精神を恢弘してわが國の革新と再生を実現すべし | トップページ | 〈日本の伝統信仰・天皇の祭祀〉が今日の混迷を打開する »