« 千駄木庵日乗二月二十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月二十六日 »

2018年2月26日 (月)

皇后陛下の御歌を拝し奉りて

皇后陛下は、色々な御苦労を重ねられつつ、天神地祇への祈りを深められ、皇后様としてのご使命を果たして来られた。恐懼のほかはない。皇后陛下は、宮中祭祀への伺候をはじめ「皇后」としてのご使命を果たされるべくつとめてこられた。

 

皇后陛下の御歌を拝すれば、皇后陛下が、日本傳統精神そして皇室の傳統を常に重んじられ、回帰されつつ、皇后としての尊き道を歩まれてをられるがか分かる。

 

平成十五年  皇后陛下御歌

出雲大社に詣でて

國譲(ゆづ)り祀(まつ)られましし大神の奇しき御業(みわざ)を偲びて止まず

 

平成十三年

外國(とつくに)の風招(まね)きつつ國柱(くにばしら)太しくあれと守り給ひき

この御歌についての宮内庁ホームページの説明には「明治の開國にあたり,明治天皇が広く世界の叡智に學ぶことを奨励なさると共に,日本古来の思想や習慣を重んじられ,國の基を大切にお守りになったことへの崇敬をお詠みになった御歌。明治神宮御鎮座八十周年にあたり,御製,御歌の願い出があったが,六月に香淳皇后が崩御になり,今年の御献詠となった。」とある。

 

平成十一年

結婚四十年を迎えて

遠白(とほしろ)き神代の時に入るごとく伊勢参道を君とゆきし日

畏れながら、「遠白(とほしろ)き神代の時に入るごとく伊勢参道を君とゆきし日」の御歌は、「今即神代」「神代即今」といふ日本傳統信仰の基本精神を、つつましくも清らかに歌はれた御歌と拝する。

 

平成八年

 終戦記念日に

海陸(うみくが)のいづへを知らず姿なきあまたのみ靈(たま)國護(まも)るらむ

 

平成五年

 御遷宮の夜半に

秋草の園生(そのふ)に虫の声満ちてみ遷(うつ)りの刻(とき)次第に近し

 

平成三年

 立太子礼

赤玉の緒(を)さへ光りて日嗣(ひつぎ)なる皇子(みこ)とし立たす春をことほぐ

この御歌は、皇太子殿下は、天照大御神の靈統を継がれる御方であるといふ古来の傳統信仰すなはち現御神信仰を歌はれたのである。

 

平成二年

 明治神宮御鎮座七〇周年

聖(ひじり)なる帝(みかど)にまして越(こ)ゆるべき心の山のありと宣(の)らしき

この御歌についての宮内庁ホームページの説明には「この御歌は,明治天皇の御製『しづかなる心のおくにこえぬべきちとせの山はありとこそきけ』を拝してお詠みになったものです」とある。

 

   御即位を祝して

ながき年目に親しみしみ衣(ころも)の黄丹(に)の色に御代の朝あけ

 

「日の御子」とは「日の神すなはち天照大御神の御子」といふ意味である。「日嗣(ひつぎ)の御子」と同じ意義である。天皇及び皇太子は「天照大御神の生みの御子=現御神」であらせられる。

 

『萬葉集』に収められてゐる柿本人麻呂の歌には「やすみしし わが大君 高照らす 日の御子 神ながら 神さびせすと…」と高らかに歌ひあげられてゐる。「四方をやすらけくたいらけくしらしめされるわが大君、高く光る日の神の御子、神ながらに、神にますままに、…」といふほどの意である。この歌は、古代日本人の現御神日本天皇仰慕の無上の詠嘆である。

 

「高光る 日の御子 やすみしし わが大君」といふ言葉は、『古事記』の景行天皇記の美夜受比売(みやづひめ)の御歌に最初に登場する。現御神信仰は、わが國古代以来今日まで繼承されて来たてゐる。

 

歴代天皇そして皇太子は、血統上は天照大御神・邇邇藝命・神武天皇のご子孫であり血統を継承されてゐるのであるが、信仰上は今上天皇も皇太子もひとしく天照大御神の「生みの御子」であらせられるのであり、天照大御神との御関係は邇邇藝命も神武天皇も今上天皇も皇太子も同一である。  

 

皇后陛下は、昭和三十五年、「浩宮誕生」と題されて、

 

あづかれる宝にも似てあるときは吾子(わこ)ながらかひな畏れつつ抱(いだ)く

 

と詠ませられてゐる。ご自分のお産みになった御子ではあるけれども、「高光る 日の御子」であらせられるがゆゑに、宝の如く畏れつつ抱かれるといふ、まことに崇高なる御心をお詠みになったと拝する。

 

皇后陛下は、神話時代以来の「現御神信仰」を正しく受け継いでをられるのである。

 

|

« 千駄木庵日乗二月二十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月二十六日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/66435220

この記事へのトラックバック一覧です: 皇后陛下の御歌を拝し奉りて:

« 千駄木庵日乗二月二十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月二十六日 »