« 天皇に對し奉り絶対的忠誠を捧げるのが日本国民の最高の「道義」である | トップページ | 千駄木庵日乗二月十五日 »

2018年2月15日 (木)

今日思ったこと

河野太郎外務大臣はツイッターで次のように嘆いている。

「やらねばならないことが山のようにあるのに、外交防衛の集中審議だから9時から5時まで答弁が無くとも委員会に座ってろって、外交防衛の集中審議なのに答弁する回数はなぜか厚労相や江崎大臣の方が、私や小野寺大臣より多い。腕組んで目を瞑る暇に仕事させてほしい」。

 

外交・軍事・安保面で大変な危機的状況にあるにもかかわらず、わが国の国会は、国内問題それも揚げ足取りと失言挑発

・追及に明け暮れている。

 

今日もっとも大切な問題は、国家の安全と独立である。そのためには憲法を正し、防衛体制を強化するべきなのである。野党の政府攻撃のための政府攻撃によって、それが出来なくなっている。まさに亡国野党である。

 

亡国野党は、安保・国防・外交・憲法・経済政策・福祉政策・教育政策という国家基本問題でしっかりとした政策もビジョンもなく、まともな対応ができないのである。だから揚げ足取りや失言誘発しかできないのである。

 

メディア特に朝日新聞の報道も、野党と同じである。国際情勢が極めて危険であり、流動的になっているこの時期に、日本の果たす役割を大きい。瑣末な事で大騒ぎをしている時ではない。

 

|

« 天皇に對し奉り絶対的忠誠を捧げるのが日本国民の最高の「道義」である | トップページ | 千駄木庵日乗二月十五日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/66395557

この記事へのトラックバック一覧です: 今日思ったこと:

« 天皇に對し奉り絶対的忠誠を捧げるのが日本国民の最高の「道義」である | トップページ | 千駄木庵日乗二月十五日 »