« この頃詠みし歌 | トップページ | 『日本書紀』『萬葉集』に示された「神ながら」の意義 »

2018年2月17日 (土)

千駄木庵日乗二月十七日

午前は、諸事。

午後一時半より、明治神宮武道場至誠館にて、「明治維新と國學」と題して講演。終了後、荒谷卓館長などと懇談。

帰宅後は、書状執筆、原稿執筆の準備など。

|

« この頃詠みし歌 | トップページ | 『日本書紀』『萬葉集』に示された「神ながら」の意義 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/66405179

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗二月十七日:

« この頃詠みし歌 | トップページ | 『日本書紀』『萬葉集』に示された「神ながら」の意義 »