« 大東亜戦争開戦と高村光太郎の詩 | トップページ | わが国は、米英及びソ連によって戦争に追ひ込まれた »

2018年2月 7日 (水)

千駄木庵日乗二月六日

午前は、諸事。

午後三時より、六本木の国際文化会館にて、田原総一朗氏にインタビュー。『伝統と革新』掲載のためなり。

帰宅後は、資料の整理。原稿執筆。

|

« 大東亜戦争開戦と高村光太郎の詩 | トップページ | わが国は、米英及びソ連によって戦争に追ひ込まれた »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗二月六日:

« 大東亜戦争開戦と高村光太郎の詩 | トップページ | わが国は、米英及びソ連によって戦争に追ひ込まれた »