« 千駄木庵日乗二月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月十七日 »

2018年2月17日 (土)

この頃詠みし歌

一本の原稿書き終へやすらへる時に一本の煙草吸ひたり

 

母を亡くせし友と二人で酒酌めば語り合ふことの多き夜なり

 

父母(ふぼ)の遺影のやさしき笑みを朝晩に仰げば心やすらぎにけり

 

時は過ぎ世は移ろへどわが道をただ素直にぞ歩みゆくべし

 

知り人とすれ違ひたれどお互ひに知らぬ顔せし地下鉄ホーム

 

老俳優夫妻が仲良く茶房より出で来るを見し昼下がりの銀座(坂田藤十郎・扇千景夫妻)

 

人間國宝と参議院議長が連れ立ちて歩む姿の好ましきかな()

 

戦ひの日々なればなほわが情念燃え立たしめて生きねばならず

 

逝きませる父母(ちちはは)を思ふわが心歳月を経ていよゝ深まる

 

今宵また酒房へと急ぐわが足は文字通り浮き足立ちにけり

 

三輪山の神のことなど書きてゐる夜は静かに静かに更けてゆくなり

 

三輪山の神のことなど學びつつ日の本の國は神の國と信ず

 

一心にもの書き続けし一日に満足をして眠りにつかむ

 

叔父と兄を殺せし男の妹と握手し喜ぶ韓國大統領

 

北も南もどうしようもない國ならば善隣友好などある筈もなし

 

天地の神が護らすわが國は苦難乗り越え永久に栄える

 

日の本の民とし生きる喜びに今日の青空澄みわたりたり

 

「東京行進曲」今も続けり あなた地下鉄私はバスで帰路に着きたり

|

« 千駄木庵日乗二月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月十七日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/66401580

この記事へのトラックバック一覧です: この頃詠みし歌:

« 千駄木庵日乗二月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月十七日 »