« 一神教の対立を解消せしめ全人類を戰爭の慘禍から救ふ道は日本傳統信仰への回歸と恢弘にある | トップページ | 維新と和歌の復興 »

2018年2月24日 (土)

千駄木庵日乗二月二十三日

午前は諸事。

 

午後は、『伝統と革新』編集の仕事。

 

午後五時より、笹川平和財団ビルにて、『笹川平和財団主催 インド洋地域の安全保障国際会議』開催。第1セッション:中国とインド洋 議長:田中伸男(笹川平和財団)カンワル・シバル(元駐フランス・インド大使 ヴィヴェカナンダ国際財団)(1)インド洋における中国の能力:マイケル・マクデヴィット(元米海軍大将 CAN上席研究員)(2)インド洋地域における中国の戦略:デイヴィット・ブリュースター(オーストラリア国立大学上席研究員)。第2セッション:地域の安定化に向けて 議長:デニス・ブレア(元米海軍大将 笹川平和財団米国(SPF-USA)会長)ローリー・メドカルフ(オーストラリア国立大学教授)(1)域外大国の役割:下平拓哉(防衛省防衛研究所主任研究官)(2)インド洋地域における域内協力:ビジェイ・サクージャ(グジャラート国立法科大学・南洋理工大学)が行われた。

 

帰宅後は、「政治文化情報」発送準備など。

|

« 一神教の対立を解消せしめ全人類を戰爭の慘禍から救ふ道は日本傳統信仰への回歸と恢弘にある | トップページ | 維新と和歌の復興 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/66426427

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗二月二十三日:

« 一神教の対立を解消せしめ全人類を戰爭の慘禍から救ふ道は日本傳統信仰への回歸と恢弘にある | トップページ | 維新と和歌の復興 »